.NET インターフェイスについて

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  MapForce Server API >

.NET インターフェイスについて

.NET インターフェイスは、 COM インターフェイスの周りでラッパーとして構築されます。Altova により署名された プライマリ 相互運用 アセンブリをして与えられ、 名前空間 Altova.MapForceServer を使用します。

 

インストール中 MapForce Server は、自動的に COM サーバー オブジェクトに登録されます。ですから、手動の登録は必要ありません。アクセスエラーが発生した場合、コンポーネントサービスを開き、 MapForce Server を含むアプリケーションプールを実行する同じアカウントにパーミッションを与えます。

 

.NET プロジェクト内で MapForce Server を使用するには、 レファレンスを Altova.MapForceServer.dll ファイル に追加します(下の命令を参照してください)。 Altova.MapForceServer.dll は、 MapForce Server インストール フォルダーの bin フォルダー 内にあります。この .dll ファイルは、MapForce Server インストール中に 自動的にグローバルアセンブリキャッシュ (GAC) に追加されます (GAC は、通常 C:\WINDOWS\アセンブリ フォルダーにあります)。

 

COM サーバー オブジェクトに MapForce Server が登録され、.NET インターフェイスで Altova.MapForceServer.dll を使用できるようになると、MapForce API 機能を .NET プロジェクト内で使用することができます。

 

 

Visual Studio .NET プロジェクト内で MapForce Server DLL にレファレンスを追加する:

1.Visual Studio 内で開かれている .NET プロジェクトから 「プロジェクト | レファレンスを追加する」をクリックします。 「レファレンスの追加」ダイアログボックスがポップアップします。

AddDotNetApiRef

2.ブラウザータブから、 フォルダー: <MapForceServer application folder>/bin を参照して、 Altova.MapForceServer.dll を選択し、 「OK」をクリックします。

 

Altova.MapForceServer アセンブリの構造を Visual Studio オブジェクト ブラウザーを使用して確認することができます。 オブジェクト ブラウザーを表示するには、 「表示」メニューから オブジェクト ブラウザー をクリックします)。


(C) 2019 Altova GmbH