Value-Map コンポーネントプロパティ

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  マッピングのデザイン > Value-Map の使用 >

Value-Map コンポーネントプロパティ

動作:

ic-val-new        現在アクティブな行の前に新たな行を挿入します。

 

ic-val-del        現在アクティブな行を削除します

 

ic-pencil        カラムヘッダーの編集を行います。

 

行をドラッグすることで順番を変更することもできます。

 

カラムのヘッダーを変更する

カラムヘッダーをダブルクリックするか鉛筆アイコンをクリックすることで、列名を編集し、より分かりやすい名前に変更することができます。列名はマッピングにも表示されるため、この操作によりコンポーネントの目的を簡単に理解することができるようになります。

 

valmap6

 

ユニークな入力値を使用する:

入力カラムに入力される値はユニークでなければなりません。同じ値を 2 回以上入力した場合、その値がハイライトされ、修正するよう促されます。

 

valmap7

 

値を修正すると、「OK」ボタンが再度選択可能になります。

 

入力ならびに出力データ型

コンボボックスを使ってデータ型が選択された際に、入力ならびに出力データ型が自動的にチェックされます。ミスマッチが発生した場合、該当するフィールドがハイライトされ、「OK」 ボタンが選択不可能になります。値をサポートするデータ型へ変更してください。

 

以下のスクリーンショットでは、boolean と string が選択されています。

 

valmap8


(C) 2019 Altova GmbH