Web サービスを使用する - putPerson オペレーション

www.altova.com このトピックを印刷 1つ上のレベル

ホーム > 

Web サービスを使用する - putPerson オペレーション

プロジェクトウィンドウ内にある putPerson マッピングアイコンをダブルクリックして、マッピングを表示します。

 

putPerson.mfd が別のタブで開かれます。

 

wsd-putPerson-01

 

1.XMLSpy のような WSDL クライアントを使用して SOAP リクエストを作成、送信します。
2.メニューオプションから「SOAP | 新規 SOAP リクエストを送信」を選択します。
3.サーバー上にある WSDL ファイルの場所(例えば http://127.0.0.1/axis2/services/WS2DB?wsdl)を入力し、「OK」 をクリックします。

 

wsd-run-code1

 

4.使用する SOAP オペレーション名(この例では "putPerson(Person Put)")を選択し、「OK」 をクリックしてSOAP リクエストドキュメントを作成します。

SOAP リクエストドキュメントには、従業員のプレースホルダが表示されます。

 

wsd-putPerson-1

 

5.プレースホルダのテキスト (String) を、実際の従業員データに置き換えます。

 

wsd-putPerson-2

 

6.メニューオプションから「SOAP | サーバーにリクエストを送信」を選択して、サーバーへリクエストを送信します。

「SOAP リクエストを送信」コマンドにより、編集された SOAP リクエストドキュメントがサーバーへ送信されます。

 

新たな従業員データがデータベースへ追加され、その旨を通知する SOAP レスポンスドキュメントが返信されます。マッピングにより、この通知メッセージの内容(上のマッピング例では "Thank you for adding XYZ into our database")が定義されます。

 

wsd-putPerson-3


(C) 2019 Altova GmbH