ターゲット優先マッピング

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  マッピングのデザイン > マッピング接続の種類 >

ターゲット優先マッピング

ターゲット優先(標準マッピング)は、MapForce におけるデフォルトのマッピング方法で、ターゲットスキーマ内のノードのシーケンスにより出力が決定されます。このマッピングの種類は大部分のシナリオに適しており、 MapForce のデフォルトのマッピングとして設定されています。

 

標準マッピングは実線で表示されます。

 

conn_Standard

ターゲット優先マッピングは(文字データや子要素などの)複合コンテキストを含む XML ノードをマップする場合適していない場合があります。例:

 

<p>This is our <i>best-selling</i> product.</p>

 

複合コンテンツが含まれるマッピングの場合、ソースファイル内で現れるアイテムのシーケンスを保持ため、ソース優先マッピングを使用することが奨励されす (ソース優先マッピング を参照)。


(C) 2019 Altova GmbH