仮想テーブルとしての SQL SELECT ステートメント

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データソースとターゲット > MapForce とデータベース >

仮想テーブルとしての SQL SELECT ステートメント

MapForce ではデータベースコンポーネントにてパラメーターを伴う SQL SELECT ステートメントの作成がサポートされています。SELECT ステートメントはテーブル型の構造をしており、SELECT ステートメントにより生成された結果のフィールドが含まれます。このような構造は(通常のデータベーステーブルやビューと同様に)マッピングデータソースとして使用することができます。

 

SELECT ステートメントにて INNER/OUTER JOIN が使用されている場合、全てのテーブルのフィールドがコンポーネントには収められます。
(SQL の "AS" キーワードにより指定された)相関名を伴う表現もコンポーネント内のマッピングアイテムとして表示されます。
SELECT ステートメントは既存のデータベーステーブルを MapForce へ挿入する際に作成されます。
SELECT ステートメントには、 SQL WHERE/ORDER コンポーネントで使用される構文によるパラメーターを含めることができます。

 

SELECT がデータベースコンポーネントに追加されると、返されるフィールドはマッピングのために使用することができます。例:

add_select_03

SELECT ステートメントはコンポーネント内部に表示されます。ステートメントにより表示される結果の行数は、 メニューコマンド 「ツール | オプション」 を選択し、全般タブにて指定することができます。


(C) 2019 Altova GmbH