例: カスタム Java ライブラリの作成

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  関数 > Java、C# および C++ ライブラリを手動で参照する >

例: カスタム Java ライブラリの作成

このトピックでは MapForce ライブラリウィンドウに表示されるように、サンプル Java ライブラリの作成方法と、 .mff ファイルの構成方法について説明されています。

 

1.(例えば、Eclipse などの)優先する開発環境で新規の Java プロジェクトを作成します。
2.Hello と呼ばれるクラスから構成される com.hello.functions と呼ばれる新規のパッケージをプロジェクトに追加します。下のコード リスティングでは、HelloFunction 関数は、public static として定義されていることに注意してください。

 

    package com.hello.functions;
 
    public class Hello {
        public static String HelloFunction ( boolean greetingType ) {
          if( greetingType )
              return "Hello World!";
          return "Hello User!";
        }
    }

 

3.任意で、 日付、時間、または期間などの特別なスキーマ型をサポートする必要がある場合、 com.altova.types パッケージをインポートしてください。このパッケージを取得するには、 Java コードをカスタム関数を持たないマッピングから生成してください。

 

import com.altova.types.*;

 

4.クラスファイルへカスタムライブラリをコンパイルし、Java クラスパスに追加します。
5.XML エディターを使用して、新規の .mff ファイルを作成し、 ..\Program Files\MapForceLibraries\mff.xsd フォルダーに対して検証します。下でハイライトされているテキストがコード内で以前定義されている名前空間とクラスを指していることを確認してください。  詳細に関しては、 以下を参照してください: .mff ファイルの構成

 

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<mapping version="9" library="helloworld" xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:noNamespaceSchemaLocation="mff.xsd">
  <implementations>
    <implementation language="java">
        <setting name="namespace" value="com.hello.functions"/>
        <setting name="class" value="Hello"/>        
    </implementation>
  </implementations>
  <group name="Greetings">
    <component name="HelloFunction">
        <sources>
          <datapoint name="greeting_type" type="xs:boolean"/>
        </sources>
        <targets>
          <datapoint name="result" type="xs:string"/>
        </targets>
        <implementations>
          <implementation language="java">
              <function name="HelloFunction"/>
          </implementation>
        </implementations>
        <description>
          <short>result = hello(greeting_type)</short>
          <long>Returns a greeting according to the given greeting type.</long>
        </description>
    </component>
  </group>
</mapping>

 

MapForce に適応するカスタムライブラリと .mff ファイルの作成が完了しました。カスタム .mff ファイルを MapForce で使用することができるようになりました(以下を参照してください: .mff ファイルを MapForce にインポートする)。


(C) 2019 Altova GmbH