見つからない親接続の通知

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  一般的なタスク > 接続との作業 >

見つからない親接続の通知

ソースならびにターゲットアイテム間の接続を手動で作成する場合、起こりえるマッピング結果が MapForce により分析されます。子アイテム同士をマッピングした場合、ソースアイテムの親とターゲットアイテムの親も接続するように促すプロンプトが表示されます。

 

これはマッピングのプレビューを出力ウィンドウにて行う際に、子アイテムの表示を 1 つに限定しないためのものです。ソースノードから得られるものが単一の値ではなく、シーケンス形式の場合、通常親アイテムの接続を行う必要があります。

 

<マイ ドキュメント>\Altova\MapForce2019\MapForceExamples\Tutorial\ フォルダーに収められている Tut-OrgChart.mfd マッピングを以下に示します。ソースコンポーネントにある text() アイテムがターゲットコンポーネントにある text() アイテムへ接続されると、メッセージボックスが表示され、親アイテムの para が接続されておらず、出力では一度だけ生成される旨が通知されます。複数の para アイテムをターゲットにて表示するには、ソースならびにターゲットアイテムの para を接続する必要があります。

Tut-OrgChart-detail-BAS

Tut-OrgChart.mfd (MapForce Basic Edition)

ターゲット内で複数の para アイテム を生成するには、ソースとターゲット para アイテムをそれぞれ接続します。

 

上に表示されるようなメッセージを非表示にするには 以下を行います:

 

1.「ツール」 メニューから 「オプション」をクリックします。
2.「メッセージ」 グループをクリックします。
3.接続を作成した際、祖先アイテムへの接続を提案アイテム チェックボックスをクリックします。

(C) 2019 Altova GmbH