リクエスト/レスポンス構造の定義

www.altova.com このトピックを印刷 1つ上のレベル

ホーム > 

リクエスト/レスポンス構造の定義

POST または PUT などの HTTP リクエストを使用する Web サービスのために、リクエストメッセージのボディ部分に次のコンテンツを含むことができます:

 

XML
JSON
プロトコルバッファーファイル、プロトコルバッファーを参照してください

 

同様に、Web サーバーは API 呼び出しへのレスポンス内にこれらのコンテンツの型を返す場合があります。どちらの場合でも、 HTTP メッセージのボディの部分のスキーマが何になるのかを MapForce に命令する必要があります。このようにして、Web サービスをマッピングに追加すると、構造により定義されている要素はマップ可能なアイテムとして表示されます。

 

リクエスト、または、レスポンス構造を定義する方法:

1.リクエスト、または、レスポンス構造の XML、JSON、 または DTD スキーマを Web サービスのプロバイダから取得します。 MapForce は有効なスキーマレファレンスを持つ XML ファイルを構造として受け入れます。プロトコルバッファーファイルの場合、 バイナリファイルを説明する .proto ファイルを取得します。

 

ヒント:サンプルリクエスト、または、レスポンスファイルを有しているが、スキーマファイルを有していない場合、XMLSpy を使用して、スキーマファイルを生成します。 必要であれば、 XMLSpy は XML からインスタンスファイルを JSON に変換、または、その逆に変換することができます。

 

2.Web サービスコール設定 ダイアログボックスを開きます (次を参照: Web サービスコール設定).
3.サービス定義から、「手動」を選択します。
4.Under 「構造」 から、「リクエスト」 (または、場合によっては 「レスポンス」).の横の 「編集」 をクリックします。
5.ダイアログボックスから、「参照」 をクリックして、スキーマファイルへのパスを入力します。 XML インスタンスファイルを選択した場合、有効なスキーマレファレンスを持っている必要があります。

mf_rest_response

XML スキーマの一部は、グローバル宣言(具体的には、親が schema 要素の要素)を持つ要素を定義します。このようなスキーマに関しては、MapForce 内のマッピング構造内のルート要素になるスキーマ内の要素を選択することができます。これを行うには、表示されるダイアログボックスの中から 「選択」を選択して、希望するルート要素を選択します。

 

「ルートメッセージ型」 フィールドは、プロトコルバッファーファイルが複数のメッセージ型を含んでいる場合に適用できるようになります。 「選択」 をクリックして、構造のルートにあるべきメッセージの型を選択します。


(C) 2019 Altova GmbH