ユーザー定義関数のナビゲート

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  関数 > ユーザー定義関数 >

ユーザー定義関数のナビゲート

マッピングにユーザー定義関数が含まれている場合、各ユーザー定義関数とメインマッピングの間を下に示されているように簡単にナビゲートすることができます。

 

 

ユーザー定義関数を表示、または、編集のために開く方法:

マッピング上のユーザー定義関数のタイトルバーをダブルクリックします。

mf_udf_14

ライブラリウィンドウの特定のユーザー定義関数をダブルクリックします。

 

ライブラリウィンドウの名前をダブルクリックして関数を編集することができます。現在アクティブなドキュメント内の関数をこの方法で開くことができます。他のマッピング内で作成されたユーザー定義関数をダブルクリックすると、新規のウィンドウ内にそのマッピングを開きます。

 

メモ:複数のマッピングにインポートされたユーザー定義関数を編集または削除する場合、この変更によりすべてのインポートされるマッピングが影響を受けます。

 

 

メインマッピングに戻る方法:

メインマッピングに戻るには、マッピングウィンドウの左角の「メインマッピングに戻る」 ( mf_ic_gotomainmapping ) ボタンをクリックします。

 

 

更に、ユーザー定義関数を含む多種の MapForce タブをナビゲートするとその履歴が保存されます。使用したタブ間を前後に移動するには、 「戻る」 ( mf_ic_back ) と 「次へ」 ( mf_ic_forward ) ツールバーボタンをクリックします。これらのボタンに対応するキーボードのショートカットは、「Alt+Left」「Alt+Right」 です。


(C) 2019 Altova GmbH