チュートリアル

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム > 

チュートリアル

MapForce チュートリアルは、 MapForce のデータの基本変換機能短い時間でを理解することをお手伝いします。チュートリアルの目的は全ての MapForce 機能を説明することではありませんが、 MapForce の基本を順番に説明します。ですから、チュートリアルを順番どおりにフォローすることが奨励されます。コンセプトは順を追って複雑になるため、各コンセプトを次のコンセプトに移動する前に理解することが重要です。 XML および XML スキーマに対する基本的な知識はとても有利です。

 

XML を新しいスキーマに変換

このチュートリアルは、コードを書く必要なく XSLT 2.0 言語を使用して XML 構造から他にデータを変換する方法について説明します。また、  MapForce シーケンスとアイテム、マッピング接続作成、 関数の使用方法、 マッピングの検証およびプレビュー、と出力結果をディスクに保存する方法などについて学ぶことができます。

 

 

複数のソースから1つのターゲットにマップ

このチュートリアルは、異なるスキーマを持つ2つの XML ファイルからのデータの読み込み方法や単一のターゲット XML ファイルへのマージの方法を説明します。また、各マッピングコンポーネントの名前とインスタンスファイルの変更方法や入力の複製の方法などについて学ぶことができます。

 

複数のターゲットスキーマとの作業

このチュートリアルは、2つ以上のターゲット出力を作成する更に複雑なマッピングとの作業方法について説明します。具体的な方法は、同じマッピング内でブックレコードのリストを保管するファイル、最初の XML ファイル内のブックのサブセットのみを含む他の XML ファイルを生成し、 発行年によりフィルターします。データのフィルタリングをサポートするには、 「フィルター」 コンポーネント、関数、数値定数を使用します。

 

ファイルを動的に処理と生成する

このチュートリアルは、同じフォルダーに存在する複数の XML インスタンスファイルからデータを読み込み複数の XML ファイルに書き込む方法を説明します。また、 XML とスキーマ宣言 の削除および、関数を使用して、文字列を連結しファイル拡張子を抽出する方法についても学ぶことができます。


(C) 2019 Altova GmbH