unparsed-enity-uri

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  関数 > 関数ライブラリレファレンス > xslt | xslt functions >

unparsed-enity-uri

DTD を使用している場合、パースされていないエンティティを宣言することができます。パースされていないエンティティ(例えば画像イメージ)は、そのエンティティがある場所を指し示す URI を持つことになります。

 

関数への入力文字列は DTD 内部にて宣言された(パースされていない)エンティティーにマッチする必要があります。パースされていないエンティティの URI が関数により返され、出力ドキュメント内にあるノード(例えば href ノード)へ接続することができます。


(C) 2019 Altova GmbH