xpath2 | qname-related functions

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  関数 > 関数ライブラリレファレンス >

xpath2 | qname-related functions

QName に関連した関数には、local-name-from-QName と namespace-uri-from-QName という関数が用意されています。

 

関数は両方とも(文字列形式の)拡張 QName を入力パラメーターとして受け取り、拡張 QName のローカル名と名前空間 URI がそれぞれ返されます。

 

両方の関数において入力は文字列として処理されるため、これらの関数の入力パラメーターに対して、ノードを直接接続することはできない点に注意してください。

 

ノードを node-name 関数へまず接続し、拡張 QName の出力を得ます。node-name 関数の出力から得られた拡張 QName を、これら関数の入力パラメーターへ与えます(以下のスクリーンショットを参照ください)。

 

FXqname

 

これら関数の出力結果はいずれも文字列型になります。


(C) 2019 Altova GmbH