resolve-uri

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  関数 > 関数ライブラリレファレンス > xpath2 | anyURI functions >

resolve-uri

revolve-uri 関数は最初のパラメーター (relative) として URI (データ型: xs:string)を受け取り、 2 番目のパラメーター (base) から得られたベース URI (データ型: xs:string)に対して URI を解決します。

 

結果 (データ型 xs:string) は結合された URI です。この方法で、相対 URI (最初の引数) は、ベース URI に対して解決されることで、絶対 URI に変換されます。

 

 

FXresolveuri

 

上のスクリーンショットでは、最初のパラメーターにより相対 URI が与えられ、 2 番目のパラメーターによりベース URI が与えられます。解決された URI はベース URI と相対 URI が連結され、C:\PathToMyFile\MyFile.xml が得られます。

 

メモ:パラメーターは両方とも xs:string 型で、両方の入力を文字列として扱うことで処理は行われます。そのため、解決された URI のリソースが実際に存在するかどうかはチェックされません。 2 番目のパラメーターが与えられていない場合、 MapForce によりエラーが表示されます。

(C) 2019 Altova GmbH