charset-encode

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  関数 > 関数ライブラリレファレンス > core | conversion functions >

charset-encode

The charset-encode function takes as input string data and encodes it as Base64 テキストとして指定された文字列のセット (例えば、"utf-8") としてデータはエンコードされており、 xs:base64Binary 型として返されます。Base64 テキストとして以前にエンコードされているバイナリデータをデコードするには charset-decode 関数を使用します。

mf_charset-encode_01

 

引数

名前

説明

string-data

xs:string

エンコードする文字列データ

encoding

xs:string

エンコードのために使用される文字セット (例えば、「utf-8」)。

substitute

xs:boolean

無効な文字が発生した場合、置換文字を指定するオプションの引数です。 この引数は非-Unicode エンコードを使用する場合のみ適用されます。 Unicode エンコードのためには、置換文字は ic_utf8_replacement_char です。

 

サンプル

テキスト "Lorem ipsum" を Base64 データとしてするには、UTF-8 文字セットを使用して、 ターゲット XML ファイルに書き込みます。 スキーマで示される通り、ターゲット XML ファイルは xs:base64Binary 型の message 要素が存在します:

 

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!-- W3C Schema generated by XMLSpy http://www.altova.com) -->
<xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema">
  <xs:element name="message" type="xs:base64Binary"/>
</xs:schema>

 

Base64 エンコードを行るマッピングは次のようになります:

mf_charset-encode_02

このマッピングは XML を以下のように出力します。

 

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<message xsi:noNamespaceSchemaLocation="message.xsd" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">TG9yZW0gaXBzdW0=</message>


(C) 2019 Altova GmbH