ユーザーインターフェイスの概要

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  はじめに >

ユーザーインターフェイスの概要

MapForce のグラフィカルインターフェイスは、統合された開発環境として整理されています。メインのインターフェイス設定は「ツール | カスタマイズ」メニューコマンドを使用して行います。

 

各ウィンドウの右上に表示されるgui_window_buttonsボタンを使用してウィンドウの、表示、非表示、ピン、ドックを行います。ツールバーとウィンドウをデフォルトの状態に復元する場合は、メニューコマンド 「ツール | ツールバーとウィンドウの復元」を使用します。

 

gui_mf_pro_ent

MapForce グラフィカルユーザーインターフェイス (MapForce Professional Edition)

 

メニューバーとツールバー

メニューコマンドは、メニューアイテムを表示します。各ツールバーは MapForce コマンドのボタンのグループを表します。希望する場所にハンドルをドラッグすることにより、ツールバーを移動することができます。

 

ライブラリウィンドウ

ライブラリウィンドウは、ライブラリごとに整理された MapForce 内蔵の関数をリストします。使用することのできる関数は選択する変換言語によりことなります。ユーザー定義関数を作成した場合、またはインポートした場合、これらの関数もライブラリウィンドウに表示されます。

gui_libraries_window

名前または詳細による関数の検索は、ライブラリウィンドウの下のテキストボックスに検索の値を入力することにより行うことができます。(現在アクティブなマッピング内で)関数の全ての発生を検索するには、関数を右クリックして、コンテキストメニューから全ての呼び出しを選択します。また、ライブラリウィンドウから直接関数データ型と詳細を確認することができます。詳細に関しては、関数と作業を参照してください。

 

 

プロジェクトウィンドウ

MapForce 複数のドキュメントインターフェイスをサポートし、 マッピングをマッピングプロジェクトとしてグループ化することができます。プロジェクトウィンドウはプロジェクトに追加されたすべてのファイルとフォルダーを表示します。プロジェクトファイルには、拡張子*.mfp (MapForce プロジェクト) があります。プロジェクト内でマッピングを検索するには、プロジェクト内をクリックして、 「CTRL + F」 を押します。詳細に関しては、マッピングプロジェクトとの作業を参照してください。

gui_project_window

 

マッピング ペイン

マッピングペインはマッピングをデザインする作業エリアです。 「挿入」 メニュー( コンポーネントをマッピングに追加を参照)からマッピングエリアに(ファイル、スキーマ、コンスタント、変数などの)マッピングコンポーネント追加することができます。ライブラリウィンドウに表示されたマッピングペイン関数をドラッグすることもできます(関数と作業を参照)。

 

XSLT (XSLT2) ペイン

XSLT ペインは、 「XSLT」 ボタンをクリックすると、マッピングから生成された XSLT 1.0 変換コードを表示します。このペインは XSLT を変換言語として選択し、 XSLT タブ (または XSLT2 タブ)をクリックすると使用することができます。

 

このペインは、ラインの付番とコードの折りたたみ機能を提供します。コードの一部を展開または折りたたむには、ウィンドウの左側の 「+」 と 「- アイコンをクリックします。折りたたまれたコードは、省略記号と共に表示されます。折りたたまれたコードを展開することなくプレビューするには、マウスで省略記号をポイントすると、プレビューされるコードを表示したヒントが下に表示されるように 開かれます。プレビューされたテキストが大きくヒント内に表示できない場合、ヒントの後に追加表示記号が表示されます。

dlg_xslt_code_folding

(インデント、行末マーカーを含む) 表示設定を構成するには、ペインを右クリックして、コンテキストメニューから 「テキストビュー設定」 を選択します。または、 「テキストビュー設定」 ( ic_text_view_settings ) ツールバーボタンをクリックします。

 

 

XQuery ペイン

XSLT ペインは、 「XQuery 」 ボタンをクリックすると、マッピングから生成された XQuery 変換コードを表示します。このペインは XQuery を変換言語として選択すると使用することができます。このペインも XSLT ペインと同様の仕組みを持つラインの付番とコードの折りたたみ機能を提供します (上を参照)。

 

 

DB クエリペイン

DB クエリペインでは全てのメジャーなデータベースに対して直接問い合わせを行うことができます。複数の異なるデータベースへのアクティブな接続と作業することができます。

gui_dbquery_pane

更に詳しい情報に関しては、データベースの参照とクエリを参照してください。

 

出力ペイン

出力ペインは、 「出力」 ボタンをクリックするとマッピングの変換結果を表示します(例:  XML ファイル)。マッピングが複数のファイルを生成する場合、それぞれの生成されたファイルを順番にナビゲートすることができます。

gui_output_pane

XSLT ペインと同様の仕組みを持つラインの付番とコードの折りたたみ機能を提供します (上を参照)。

 

StyleVision 出力ボタン

Altova StyleVision (http://www.altova.com/ja/stylevision.html) がインストールされている場合、 StyleVision 出力ボタンによりマッピングの出力をでプレビューし HTML、RTF、PDF、 と Word 2007+ フォーマットで保存することができます。これは StyleVision でデザインされた  StyleVision Power StyleSheet (SPS) を MapForce 内のマッピングコンポーネントに割り当てることにより可能になります。

 

概要ウィンドウ

概要ウィンドウは、マッピングペインの概観図を表示します。マッピングのサイズが大きい場合、マッピングエリアの特定の場所に移動する場合に使用します。マッピングの特定の場所に移動する場合、 赤い枠の長方形をクリックアンドドラッグします。

tab_overview

 

 

メッセージウィンドウ

メッセージウィンドウにはマッピング処理中 ( 出力のプレビューを参照)に行われる検証結果 ( マッピングの検証を参照) の警告やエラーメッセージが表示されます。

tab_messages

情報、警告またはエラーメッセージをトリガーしたコンポーネントまたは構造のマッピングエリアをハイライトするには、メッセージウィンドウ内の下線のついたテキストをクリックします。

 

メッセージウィンドウ内のマッピング実行または検証オペレーションの結果は、以下のアイコンの1つと共に表示されます:

 

アイコン

説明

valid_ok

オペレーションに成功しました。

validate_wf

オペレーションは警告と共に終了しました。

validate_bad

オペレーションに失敗しました。

 

メッセージウィンドウは次のメッセージを追加して表示する場合があります: 情報メッセージ、警告、およびエラー

 

 

アイコン

説明

_ic_validator_info

情報メッセージを表示します。情報メッセージはマッピングの実行を停止しません。

_ic_validator_warning

警告メッセージを示します。 警告メッセージを表示します。警告はマッピングの実行を停止しません。例えば、必須の入力コネクタへの接続が作成されなかった場合、警告メッセージが生成されます。このような場合、有効な接続を持つコンポーネントのために出力が生成されます。

_ic_validator_error

エラーメッセージを表示します。エラーが発生すると、マッピングの実行に失敗し、出力は生成されません。XSLT または XQuery コードのプレビューの不可能です。

 

メッセージウィンドウ内の他のボタンにより以下のアクションを実行することができます:

 

アイコン

説明

_ic_msg_filter

重要度(情報メッセージ、エラー、 警告)別にメッセージをフィルターします。 「すべて選択」 を選択して、全ての重要度を選択します (これはデフォルトの振る舞いです)。

 

「チェックをすべて解除」 を選択して、フィルターからすべての重要度を解除します。 この場合、全般的な実行または検証の状況に関するメッセージのみが表示されます。

_ic_msg_next

次の行に移動させる。

_ic_msg_prev

前の行に移動させる。

_ic_msg_clipboard

選択された行をクリップボードにコピーする。

_ic_msg_clipboard_children

ネストされたラインを含む選択されたラインをクリップボードにコピーします。

_ic_msg_clipboard_all

メッセージウィンドウの全てのコンテンツをクリップボードにコピーします。

_ic_msg_find

メッセージウィンドウ内で特定のテキストを検索します。オプションで、特定の用語を検索する場合は、「単語の完全マッチ」 を選択します。単語の大文字と小文字を区別する場合 「大文字と小文字を区別」 を選択します。

_ic_msg_find_next

特定のテキストを現在選択されているラインから最後まで検索します。

_ic_msg_find_prev

特定のテキストを現在選択されているラインから最初まで検索します

_ic_msg_clear

メッセージウィンドウをクリアする。

 

 

複数のマッピングファイルと同時に作業する場合、 個々のマッピングのための個別のタブ内で情報、警告またはエラーを表示する必要があることがあります。この場合、マッピングを実行または検証する前に、メッセージウィンドウの左横にある番号の付いたタブをクリックします。

 

アプリケーションステータスバー

アプリケーションウィンドウの下部にあるアプリケーションステータスバーには、アプリケーションに関する情報が表示されます。ツールバーアイコンに対してマウスポインターを重ねると、ツールチップ情報がこのステータスバーに表示されます。アプリケーションステータスバーとデータベースクエリステータスバーは別のものです。64ビットバージョンの MapForce を使用している場合、アプリケーション名の後に (x64) という文字列が加えられます。32ビットバージョンでこのような表示は行われません。


(C) 2019 Altova GmbH