Altova グローバルリソース

www.altova.com このトピックを印刷 1つ上のレベル

ホーム > 

Altova グローバルリソース

Altova グローバルリソースは、リソースを再利用、構成、および 複数の Altova アプリケーション内で使用できるようにするファイル、フォルダー、または、データベースへの参照の方法を表します。例えば、複数の MapForce マッピングは定期的にビジネスワークフローで重要とされる、同じ XML ファイルからデータを読み取ると仮定します。ディスク上のファイルの名前が変更された場合、複数のコンテキスト内に「ファイルが見つかりません」 エラーが発生し、ワークフローは中断されます。このような問題を解決するために、いわゆる 「ファイルエイリアス」 (すなわち、グローバルリソース)を作成し、 ディスク上の実際のファイルの代わりにこのグローバルリソースを参照して全てのマッピングを変更します。このように、ファイルが変更されると、ファイルのエイリアスを一箇所で変更する必要があるだけです。

 

グローバルリソースは次の Altova デスクトップアプリケーション間で定義され共有されることができます: Authentic、 MobileTogether Designer、MapForce、DatabeseSpy、および XMLSpy。サーバー側では、グローバルリソースは次の Altova サーバーアプリケーションで使用することができます: MapForce Server、MapForce Server Advanced Edition、RaptorXML Server、RaptorXML+XBRL Server。

 

メモ

MapForce Server と MapForce Server Advanced Edition内では、 グローバルリソースは、コマンドラインインターフェイスではサポートされますが、 API レベルではサポートされません。
データベース グローバルリソースの定義は、データベースへの接続をサポートする MapForce Professional、または、 Enterprise エディション または、 Altova デスクトップアプリケーションが必要です。

 

グローバルリソース (ファイル、フォルダー、または、 データベース レファレンスなど) が多種のシナリオのために MapForce 内で使用することができます。例えば:

 

マッピング入力として構成することのできるファイルパスを提供します。次を参照してください: サンプル: 変数入力ファイルを持つマッピングを実行する
マッピング出力を構成することのできるパスにリダイレクトします。 詳細に関しては、次を参照してください: サンプル: 出力を変数フォルダに出力する
マッピングにより使用されている場合、 StyleVision Power Stylesheet (.sps) ファイルに構成することのできるパスを提供します。例えば、プレーンな StyleVision .sps ファイルを MapForce コンポーネント設定で参照する代わりに、2つの構成の可能性を持つことのできる グローバルリソースとして定義されている .sps ファイルを参照することができます (例えば、 「Website.sps」 と 「Print.sps」など)。 次も参照してください: StyleVision を使用してマッピングの出力のスタイルを指定する
データベース接続を再利用します。(Altova アプリケーション内で)グローバルリソースとしてデータベースが既に定義されている場合、全てのセットアップステップを行うことなく接続することができます。データベース接続 ダイアログボックス内の「グローバルリソース」をクリックし、リストから必要とされるデータベース エイリアスを選択します。次を参照してください: グローバルリソースからの接続を使用
マッピングがデータを読み取るデータベースを簡単に切り替えることができます (2つまたは複数のデータベースは同じ構造、異なるデータを持つことが想定されます。次を参照してください: サンプル: データベースの切り替え)。

(C) 2019 Altova GmbH