StyleVision を使用してマッピングの出力のスタイルを指定する

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  マップのカスタム化 >

StyleVision を使用してマッピングの出力のスタイルを指定する

Altova StyleVision が使用中のコンピューターにインストールされていると仮定して、マッピングのターゲットコンポーネントが XML  である箇所は、マッピングの出力を HTML、RTF、PDF と Word 2007+ ドキュメントとしてプレビューし、保存することができます。StyleVision の Enterprise エディションが使用されている場合、プレビュー内でチャートを表示することができます。

 

マッピングが、これらのフォーマットのプレビューをサポートする場合、出力 タブの横に使用することのできる追加タブが表示されます。例えば:

mf_stylevision_tabs

StyleVision プレビュータブ (MapForce Enterprise Edition)

以下に注意してください:

 

StyleVision Professional がインストールされていると、 HTMLRTF 出力をプレビューすることができます。StyleVision Enterprise を使用すると、 HTMLRTFPDFWord 2007+ 出力をプレビューすることができます。
マッピングの出力を PDF としてプレビューするには、Java、Acrobat Reader、 と FOP (Formatting Objects Processor) バージョン 0.93 または 1.0. FOP が、 StyleVision をインストールしないオプションが選択されていない限り、 StyleVision と共にインストールされている必要があります。
MapForce の 64-ビットエディションの場合、 Word 2007+ と RTF プレビューは、埋め込まれていないアプリケーションとして開かれます。
マッピングが ソースとターゲット (パススルーコンポーネント) としての役割を果たすコンポーネントを含む場合、コンポーネントの 「プレビュー」 ボタン ic-preview  が有効化されている場合のみ、StyleVision でのプレビューが可能になります。このようなマッピングの詳細に関しては、次を参照してください: チェーン マッピング.

 

マッピングからデータをこのようにプレビューするには、以下の必要条件が存在します:

 

Altova StyleVision がコンピューターに、スタンドアロン、または Altova MissionKit の一部として、インストールされている必要があります。
ターゲットコンポーネントには、関連付けられた StyleVision Power Stylesheet (SPS) ファイルが必要です。 StyleVision を使用して、スタイルシートを作成、または編集することができます。MapForce で直接スタイルシートを編集、または、変更することはできませんが、 StyleVision 内の MapForce から開くことはできます。スタイルシートの準備ができると、下に示されるようにターゲット MapForce コンポーネントに割り当てることができます。

 

ターゲットコンポーネントに StyleVision パワースタイルシートを割り当てる

1.StyleVision 内で、必要とするスタイルシートファイルを作成します。MapForce コンポーネントと同じ XML スキーマがソースとして使用されていることを確認してください。
2.MapForce 内で、ターゲット XML コンポーネントを右クリックし、「プロパティ」を選択します。
3. コンポーネント設定ダイアログボックス内で、「StyleVision Power スタイルシートファイル」 の横から、作成済みの スタイルシートファイルを選択します。

mf_assign_sps

メモ:        StyleVision Power スタイルシートファイルへのパスは、絶対または相対的であることができます。次を参照してください: 相対的および絶対パスの使用

 
StyleVision により生成された 出力を保存するStyleVision により生成された HTML、PDF、RTF、 または Word 2007+ 出力 を、他のマッピングの保存と同様に保存することができます。具体的には、マッピングのプレビューを行うには、以下の内の1つをおこなってください:

「生成された出力を保存する」 ( ic-save-sel-string ) ツールバー ボタンをクリックします。
出力 メニューから、「出力ファイルを保存する」をクリックします。

 

Altova 製品のパッケージを使用して、HTML、PDF、RTF、 Word 2007+ ファイルを自動’生成する

マッピングが(同じ、または、異なるマシン、または、プラットフォームで) HTML、PDF、RTF、 および Word 2007+ ファイルを自動的に生成する場合、 (MapForce と StyleVision の機能性を拡張する個別にライセンスされるサーバー製品である)  MapForce Server と StyleVision Server を使用して行うことができます。このシナリオの場合、各アプリケーションが以下の特別な役割を果たします:

 

MapForce - (例えば、 データベースから XML への)データ変換の入力と出力 を定義する マッピング (.mfd ファイル) のデザインを行うことができます。
MapForceServer - マッピング (.mfx ファイル) をコマンドライン または API から、(同じ、または、異なるオペレーティングシステム上で)実行可能なマッピングを実行します
StyleVision - マッピングの出力を HTML、PDF、RTF、 Word 2007+に出力するために必要な、 スタイルシート (.sps ファイル) をデザインすることができます。
StyleVision Server - マッピングの出力をターゲットフォーマットに変換する .sps スタイルシートを作成します。これは、コマンドライン、または、 API ( 同じ、または、異なるオペレーティングシステム)から行うことができます。
(個別のライセンスを必要とする)StyleVision Server と MapForce Server は、任意で FlowForce Server の管理下で作動します。このシナリオの場合、 MapForce マッピング と StyleVision 変換は、予定通り、実行、トリガー、または、需要に応じて実行することができ、完全に自動化することができます。

(C) 2019 Altova GmbH