カスタムデザイン

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  マップのカスタム化 > マッピングドキュメントの生成とカスタム化 >

カスタムデザイン

固定デザインの代わりに、MapForce ドキュメンテーション用にカスタマイズされたデザインを作成することもできます。カスタマイズされたデザインは StyleVision SPSにて作成されます。MapForce には 4 つの定義済み SPS スタイルシートが収められています。マッピングプロジェクトのドキュメントを参照ください。

 

MapForce のドキュメンテーションで使用する SPS を指定する

ドキュメンテーションの生成に使用する SPS は、「ファイル | ドキュメンテーションの生成」からアクセスすることのできるドキュメンテーションの生成ダイアログにて指定することができます。「ユーザー定義デザインを使用」ラジオボタンを選択し、ドロップダウンをクリックすることで目的のファイルを選択します。デフォルトの選択は OverallDocumentation エントリーとなっています。

 

document-mapping02a

 

これらの定義済み SPS ファイルは ..MapForce2013\Documentation\MapForce フォルダーに収められています。

 

メモ:SPS によるドキュメンテーションの生成を行うには、お使いのコンピューターに StyleVision がインストールされている必要があります。

 

SPS を作成する

StyleVision Power Stylesheet (SPS) は Altova StyleVision により作成されます。MapForce のドキュメンテーションを生成するための SPS は MapForce ドキュメンテーションを含む XML ドキュメントの構造を指定する XML スキーマをベースにしている必要があります。

 

スキーマは MapForceDocumentation.xsd という名前で、...\Documents\Altova\MapForce2019\Documentation フォルダーに収められています。

 

StyleVision にて SPS デザインを作成する際、MapForceDocumentation.xsd スキーマから得られたノードがデザインに配置され、スタイルやプロパティに割り当てられます。MapForceDocumentation.xsd は、配置されているフォルダーの親フォルダーにある Documentation.xsd ファイルをインクルードしていることに注意してください。

 

リンクやイメージといったその他のコンポーネントを SPS デザインへ含めることもできます。StyleVision にて SPS デザインを作成する方法の詳細については、StyleVision ユーザーマニュアルを参照ください。

 

SPS によりマッピングドキュメンテーションを生成することで、ドキュメンテーションのデザインを細部まで調整することができるようになります。SPS を使用することで PDF フォーマットによるドキュメンテーションの出力も可能になります。PDF によるドキュメンテーションの生成は固定デザインでも使用することができます。


(C) 2019 Altova GmbH