コネクタの現在の値を表示する

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  マッピングのデバッグ >

コネクタの現在の値を表示する

(ステップでデバッグを実行しているか、コネクタ上にブレークポイントが定義されているため)デバッガーの現在の実行のポジション  ( ic-datapoint_current_overlay ) が特定のコネクタ上にある場合、コネクタにより処理される現在の値は値ウィンドウの 「コンテキスト」 タブに表示されます。この値が出力に書き込まれようとしている値であり、すなわち、"現在"の値になります。これはまたコンテキストウィンドウにコンテキストが表示される値でもあります ( コンテキストウィンドウの使用を参照)。

 

このシチュエーションを理解するには、 <マイ ドキュメント>\Altova\MapForce2019\MapForceExamples\ ディレクトリから PreserveFormatting.mfd を開きます。ターゲットコンポーネントの Number ノードの入力コネクタをクリックし、 「F9」 を押して、ブレークポイントを追加します。

debug_values_window_01

次に、 F5 を押して、デバッグを開始して、結果全体を確認します。

debug_values_window_02

イメージで表示されるように、現在のデバッガーのポジション ic-datapoint_current_overlay (およびブレークポイントic-breakpoint) ターゲットコンポーネントの Number ノード上にあります。値ウィンドウ はこのノードが値 "1"を有することを示しています   (この値もマッピング上では、赤い縦じまハイライトされています)。


(C) 2019 Altova GmbH