コンテキストを値に設定する

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  マッピングのデバッグ >

コンテキストを値に設定する

コンテキストの値に設定することは、その値を生成したマッピングコンテキストを詳細に確認する。過去にさかのぼり比較するアクションです。コンテキストを(関連した タブ、 シーケンス タブ、 または 「履歴」 タブ内の)値ウィンドウに表示される値に設定することができます。「トレースの履歴の全体を保管」 オプションを有効化した場合( デバッガー設定 を参照)、 「履歴」 タブは、現在選択されているコネクタにより処理されたすべての値を表示します。 ですから、 この場合、追加して、そのコネクタのために過去にさかのぼりコンテキストの値を設定することができます。

debug_values_window_04

コンテキストを値に設定するには、 以下を行います:

 

値を右クリックして、 コンテキストメニューから、「コンテキストの設定」を選択します
値をダブルクリックします。

 

値をコンテキストに設定すると値を生成した状況を再作成し、ウィンドウとコンテキストウィンドウを選択したコンテキストに従い作成するために、MapForce は、マッピングエリアをハイライトします。コンテキスト内のマッピングで使用されたビジュアルヒントのレジェンドに関しては、 デバッグモードについてを参照してください。コンテキスト自身についての詳細は、 コンテキストウィンドウの使用を参照してください。

 

手動で設定されたコネクタは、最近の実行ポジションでないことを示す黄色  ( datapoint_contextfocus_overlay )です。 最近の実行ポジションに切り替えるには、 (適用できる場合) 値ウィンドウの 「コンテキスト」 タブから、 「現在にリセット」 ボタンをクリックします。

debug_reset_current


(C) 2019 Altova GmbH