デバッガーコマンド

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  マッピングのデバッグ >

デバッガーコマンド

次のデバッガーコマンドにアクセスすることができます:

 

「デバッグ」 メニュー内
キーボードのショートカット
デバッグツールバー内

 

メニューコマンド

キーボードショートカット

ツールバーボタン

説明

デバッグ | デバッグの開始

F5

ic-StartDebugger_cm

デバッグを開始または、ブレークポイントに到達またはマッピングが完了するまで継続します。

デバッグ | デバッグの中止

Shift + F5

ic-StopDebugger_cmd

デバッグを停止します。このコマンドはデバッグモードを終了して、 MapForce を標準モードに切り替えます。

デバッグ | ステップイン

F11

ic-DebugStep_cmd

マッピング内で単一のステップを終了するまでマッピングを実行します。マッピングでデバッガーは、シーケンスの単一アイテムを生成する独立した計算の理論的なグループです。

 

マッピングコンテキストにより、このコマンドは「左へ移動/ターゲットに移動 子/ソースの親へ移動」 と解釈することができます。

デバッグ | ステップオーバー

F10

ic-DebugStepOver_cmd

現在のステップが終了するまで(または他のシーケンスのアイテムを終了するまで)実行を継続します。このコマンドは、現在のステップの入力である計算をステップオーバーします。

デバッグ | ステップアウト

Shift + F11

ic-DebugStepOut_cmd

現在のステップの結果が使用されるまで、または入力または使用の子ではないステップが実行されるまで実行を継続します。このコマンドは現在の計算をステップアウトします。

 

マッピングコンテキストにより、このコマンドは 「右へ移動/ターゲットへ移動 親/ソースの子へ移動」と解釈することができます。

デバッグ | 最小ステップ

Ctrl + F11

ic_debug_minimal_step

値が生成または使用されるまで、実行を継続します。このコマンドは、ステップを細分化し、接続ごとに通常2回停止します: ソースが値を生成した際、ターゲットが値を使用した際。MapForce は、マッピングの提示に従い値を計算する必要はなく、生成と使用イベントは順序に従わない場合があります。

debug_toolbar

デバッグツールバー


(C) 2019 Altova GmbH