XML データから /  データベースフィールドへのマッピング

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データソースとターゲット > MapForce とデータベース >

XML データから /  データベースフィールドへのマッピング

MapForce を使用して、 XML を保管するデータベースフィールド (列) からデータをマップ、またはデータベースフィールドへデータをマップすることができます。データベースフィールド (列) に保管される XML データが、抽出され、 MapForce によりサポートされる他の構造に書き込まれること、またはその逆が可能になります。データを以下のようにマップすることができます:

 

1.XML 型専用の"へ" または "から" フィールド (例えば、SQL Server 内の Xml 、Oracle 内の XMLType )。繰り返しまたは、または XML へ/から書き込む専用の XML フィールドは、 XML をサポートするネイティブのデータベースに適用することができます(IBM DB2、Oracle、 および SQL Server など)。
2.XML コンテンツを保管する"へ" または "から" テキストフィールド (例えば、 Text、 Varchar)。 これはテキストフィールドが XML ドキュメントを保管するために十分な長さがあるデータベースに適用することができます。

 

いずれにせよ、 有効な XML スキーマは、マップするデータのデータベース列、またはデータベース列からのために存在する必要があります。データベース列が XML を保存する場合、 MapForce は、 (データベースがサポートする場合) XML スキーマを直接データベースから ,割り当てる、または、外部ファイルからスキーマを選択するオプションを与えます。各データベース列につき、1つの XML スキーマを割り当てることができます。スキーマに複数のルート要素が存在する場合、スキーマの単一のルート要素を選択することができます。

 

XML がデータベース内で文字列フィールドとして保存されている場合、 XML ドキュメントの文字エンコードは文字列フィールドをベースとしています。データベースフィールドがテキストを Unicode  として保存していない場合は、文字の一部を表示できない場合があります。

 

データベースの一部では、 XML フィールドのための XML エンコード(このエンコードはデータベースの文字のセットと異なる文字のセットを有する場合があります)をサポートします。データベースによりサポートされている場合は XML ドキュメント エンコード宣言は XML フィールド内で宣言されているものと解釈されます。データベースにより与えられた XML エンコードサポートに関する詳細は、それぞれのドキュメントを参照してください。

 

以下も参照してください。:

 

XML スキーマをデータベースフィールドに割り当てる
例: XML データ を SQLite フィールドに書き込む
サンプル: IBM DB2 XML 型列からデータを抽出する

(C) 2019 Altova GmbH