VB.NET

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ActiveX Integration > ActiveX 統合のサンプル >

VB.NET

ソースコードは、 VB.NET アプリケーションへの MapForceControl の統合を表しています。これは MapForce インストール内のフォルダー <ApplicationFolder>\Examples\ActiveX\VB.NET でみつけることができます。 ソリューションは、3つのウィンドウにより以下のように構成されています:

 

1.MainWindow.vb - メイン ドキュメントウィンドウにも基本のアプリケーションメニューが含まれています。
2.LibraryWindow.vb - ライブラリ ウィンドウ。 このウィンドウのコンテンツは、PlaceholderWindowID プロパティが 0 に設定されているプレースホルダーコントロール により作成されます (この値はコントロールに対してライブラリウィンドウに表示するように命令します)。

ax_vb_placeholder_library

3.OutputWindow.vb - メッセージ (Output) ウィンドウ。 このウィンドウのコンテンツは、PlaceholderWindowID プロパティが2に設定されているプレースホルダーコントロール により作成されます (この値はコントロールに対して出力ウィンドウに表示するように命令します)。

ax_vb_placeholder_output

 

このソリューションをビルドして実行する前に、以下のステップに注意してください:

 

 

ステップ 1: 必要条件をチェックする

 

必要条件のリストに関しては、次を参照してください: 必要条件.

 

 

ステップ 2: 書き込みのパーミッションを持つ箇所でサンプルをディレクトリにコピーする

 

Visual Studio を管理者として作動することを回避するには、デフォルトの場所から実行する代わりに、書き込みのパーミッションを持つディレクトリへのソースコードをコピーします。

 

 

ステップ 3: ビルドプラットフォームを設定する

 

ビルド(x86、x64)するプラットフォームに一致するビルドプラットフォームの更新を作成します。 ビルドの更新の作成の方法は以下のとおりです:

 

a.Visual Studio 内のソリューションを右クリックし、「更新 マネージャー」を選択します。
b.「アクティブなソリューションプラットフォーム」から、「新規作成...」を選択し、 x86 または x64 更新を選択します (このサンプルでは、 x86)。

ax_vs_build_platform

 

Visual Studio 内でソリューションをビルドして実行する準備が整うと、ターゲットプラットフォーム (x86、x64) に一致するように更新をしようしてビルドすることを忘れないでください。 それ以外の場合、 ランタイムエラーが発生する可能性があります。


(C) 2019 Altova GmbH