ボタンステータスを更新するためのイベントハンドラーを作成する

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ActiveX Integration > ActiveX 統合のサンプル > HTML > ドキュメントレベルの HTML 統合 >

ボタンステータスを更新するためのイベントハンドラーを作成する

コマンドの可用性はマウスクリック、または、キーボード操作により異なる場合があります。 MapForceControl のカスタムイベント OnUpdateCmdUI は、 MapForce コマンドに関連するボタンの有効化された/無効化された状態を更新することができます。コマンドの有効化、無効化に関わらず、メソッド MapForceControl.QueryStatus はクエリのために使用されます。

 

<SCRIPT LANGUAGE="javascript">

 

 function objMapForceX::OnUpdateCmdUI()

 {

 if ( document.readyState == "complete" )                // 'complete'

 {

         // update status of buttons

         GenerateXSLT.disabled =  ! (objDoc1.QueryStatus(13617) & 0x02);        // not enabled

         GenerateJava.disabled =  ! (objDoc1.QueryStatus(13587) & 0x02);        // not enabled

         GenerateCpp.disabled =   ! (objDoc1.QueryStatus(13589) & 0x02);        // not enabled

         GenerateCSharp.disabled = ! (objDoc1.QueryStatus(13588) & 0x02);        // not enabled

 

         btnFuncUserDef.disabled = ! (objDoc1.QueryStatus(13633) & 0x02);

         btnFuncUserDefSel.disabled = ! (objDoc1.QueryStatus(13634) & 0x02);

         btnFuncSettings.disabled = ! (objDoc1.QueryStatus(13632) & 0x02);

         btnInsertInput.disabled = ! (objDoc1.QueryStatus(13491) & 0x02);

 

         btnGenXSLT.disabled = ! (objDoc1.QueryStatus(13617) & 0x02);

         btnGenXSLT2.disabled = ! (objDoc1.QueryStatus(13618) & 0x02);

         btnGenXQuery.disabled = ! (objDoc1.QueryStatus(13586) & 0x02);

         btnGenCPP.disabled = ! (objDoc1.QueryStatus(13589) & 0x02);

         btnGenCSharp.disabled = ! (objDoc1.QueryStatus(13588) & 0x02);

         btnGenJava.disabled = ! (objDoc1.QueryStatus(13587) & 0x02);

 }

 }        

 

 // set activity status of simulated toolbar

</SCRIPT>

 


(C) 2019 Altova GmbH