XPath/XQuery 関数: 日付と時刻

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  付録
> エンジン情報
> XSLT と XPath/XQuery 関数 > Altova 拡張関数
 >

XPath/XQuery 関数: 日付と時刻

Altova の日付/時刻拡張関数は XPath と XQuery 式で使用することができ、XML スキーマの異なる日付および時刻データ型で保存されているデータを処理するための追加機能を提供します。 このセクションの関数は、Altova の XPath 3.0 および XQuery 3.0 エンジンで使用することができます。これらの関数は、XPath/XQuery コンテキストで使用することができます。

 

関数の名前指定と言語の適用性

Altova 拡張関数はXPath/XQuery 式で使用することができ、 XPath、 XQuery、および XSLT 関数の標準ライブラリで使用可能な機能に更なる機能性を与えます。 Altova 拡張関数はAltova 拡張関数名前空間、 http://www.altova.com/xslt-extensions に収められており、 altova:プレフィックスが、このセクションでは使用されます。製品の今後のバージョンが拡張機能への継続的サポート、または個別の関数の振る舞いは変更する可能性があることに注意してください。 Altova 拡張機能へのサポートに関しては、今後のリリースのドキュメントを参照してください。

 

XPath 関数 (XSLT 内の XPath 式で使用 ):

XP1 XP2 XP3.1

XSLT 関数 (XSLT 内の XPath 式で使用):

Xslt1 XSLT2 XSLT3

XQuery 関数 (XQuery 内の XQuery 式で使用):

XQ1 XQ3.1

 

Click to expand/collapse機能によりグループ化
Click to expand/collapseアルファベット順にグループ化

 

[ トップ ]

 

 

xs:dateTime に期間を追加する         XP3.1 XQ3.1

これらの関数は xs:dateTime に期間を追加し、 xs:dateTime を返します。 xs:dateTime 型は CCYY-MM-DDThh:mm:ss.sss のフォーマットです。これは xs:datexs:time フォーマットの連結で、 T により区切られています。タイムゾーンサフィックス +01:00 (for example)は任意です。

 

Click to expand/collapseadd-years-to-dateTime [altova:]

altova:add-years-to-dateTime(DateTime as xs:dateTime, Years  xs:integer) as xs:dateTime とする         XP3.1 XQ3.1

日付までの期間を年数で表示します。第 2 の引数は第 1 の引数として与えられた xs:date に追加される年数です。結果は xs:date 型です。

altova:add-years-to-dateTime(xs:dateTime("2014-01-15T14:00:00"), 10)2024-01-15T14:00:00   を返します。
altova:add-years-to-dateTime(xs:dateTime("2014-01-15T14:00:00"), -4)2010-01-15T14:00:00  を返します。

 

 

Click to expand/collapseadd-months-to-dateTime [altova:]

altova:add-months-to-dateTime(DateTime as xs:dateTime, Months  xs:integer) as xs:dateTime とする         XP3.1 XQ3.1

xs:dateTime に月数での期間を追加します (下のサンプル参照)。 第 2 の引数は、第 1 の引数として与えられた xs:dateTime に追加される月数です。結果は xs:dateTime 型です。

altova:add-months-to-dateTime(xs:dateTime("2014-01-15T14:00:00"), 10) 2014-11-15T14:00:00 を返します。
altova:add-months-to-dateTime(xs:dateTime("2014-01-15T14:00:00"), -2) 2013-11-15T14:00:00 を返します。

 

 

Click to expand/collapseadd-days-to-dateTime [altova:]

altova:add-days-to-dateTime(DateTime as xs:dateTime, Days as xs:integer) を xs:dateTime とする         XP3.1 XQ3.1

xs:dateTime に日数での期間を追加します (下のサンプル参照)。 第 2 の引数は、第 1 の引数として与えられた xs:dateTime に追加される日数です。結果は xs:dateTime 型です。

altova:add-days-to-dateTime(xs:dateTime("2014-01-15T14:00:00"), 10)は 2014-01-25T14:00:00 を返します。
altova:add-days-to-dateTime(xs:dateTime("2014-01-15T14:00:00"), -8)は 2014-01-25T14:00:00 を返します。

 

 

Click to expand/collapseadd-hours-to-dateTime [altova:]

altova:add-hours-to-dateTime(DateTime as xs:dateTime, Hours as xs:integer) を xs:dateTime とする         XP3.1 XQ3.1

xs:dateTime に時間数での期間を追加します (下のサンプル参照)。 第 2 の引数は、第 1 の引数として与えられた xs:dateTime に追加される時間数です。結果は xs:dateTime 型です。

altova:add-hours-to-dateTime(xs:dateTime("2014-01-15T13:00:00"), 10)2014-01-15T23:00:00 を返します。
altova:add-hours-to-dateTime(xs:dateTime("2014-01-15T13:00:00"), -8)2014-01-15T05:00:00 を返します。

 

 

Click to expand/collapseadd-minutes-to-dateTime [altova:]

altova:add-minutes-to-dateTime(DateTime as xs:dateTime, Minutes as xs:integer) を xs:dateTime とする         XP3.1 XQ3.1

xs:dateTime に分数での期間を追加します (下のサンプル参照)。 第 2 の引数は、第 1 の引数として与えられた xs:dateTime に追加される分数です。結果は xs:dateTime 型です。

altova:add-minutes-to-dateTime(xs:dateTime("2014-01-15T14:10:00"), 45) 2014-01-15T14:55:00 を返します。
altova:add-minutes-to-dateTime(xs:dateTime("2014-01-15T14:10:00"), -5) 2014-01-15T14:05:00 を返します。

 

 

Click to expand/collapseadd-seconds-to-dateTime [altova:]

altova:add-seconds-to-dateTime(DateTime as xs:dateTime, Seconds  xs:integer) as xs:dateTime とする         XP3.1 XQ3.1

xs:dateTime に秒数での期間を追加します (下のサンプル参照)。 第 2 の引数は、第 1 の引数として与えられた xs:dateTime に追加される秒数です。結果は xs:dateTime 型です。

altova:add-seconds-to-dateTime(xs:dateTime("2014-01-15T14:00:10"), 20) 2014-01-15T14:00:30 を返します。
altova:add-seconds-to-dateTime(xs:dateTime("2014-01-15T14:00:10"), -5) 2014-01-15T14:00:05 を返します。

 

 

[ トップ ]

 

 

xs:date に期間を追加する         XP3.1 XQ3.1

これらの関数は xs:date に期間を追加し、 xs:date を返します。 xs:date 型は CCYY-MM-DD フォーマットです。

 

Click to expand/collapseadd-years-to-date [altova:]

altova:add-years-to-date(Date as xs:date, Years as xs:integer) を xs:date とする         XP3.1 XQ3.1

日付までの期間を年数で表示します。第 2 の引数は第 1 の引数として与えられた xs:date に追加される年数です。結果は xs:date 型です。

altova:add-years-to-date(xs:date("2014-01-15"), 10)2024-01-15 を返します。
altova:add-years-to-date(xs:date("2014-01-15"), -4)2010-01-15 を返します。

 

 

Click to expand/collapseadd-months-to-date [altova:]

altova:add-months-to-date(Date as xs:date, Months as xs:integer) を xs:date とする         XP3.1 XQ3.1

日付までの期間を月数で表示します。第 2 の引数は第 1 の引数として与えられた xs:date に追加される月数です。結果は xs:date 型です。

altova:add-months-to-date(xs:date("2014-01-15"), 10) 2014-11-15 を返します。
altova:add-months-to-date(xs:date("2014-01-15"), -2) 2013-11-15 を返します。

 

 

Click to expand/collapseadd-days-to-date [altova:]

altova:add-days-to-date(Date as xs:date, Days as xs:integer) を xs:date とする         XP3.1 XQ3.1

日付までの期間を日数で表示します。第 2 の引数は第 1 の引数として与えられた xs:date に追加される日数です。結果は xs:date 型です。

altova:add-days-to-date(xs:date("2014-01-15"), 10)は 2014-01-25 を返します。
altova:add-days-to-date(xs:date("2014-01-15"), -8) 2014-01-07 を返します。

 

 

[ トップ ]

 

 

フォーマットと期間の取得         XP3.1 XQ3.1

これらの関数は xs:date に期間を追加し、 xs:date を返します。 xs:date 型は CCYY-MM-DD フォーマットです。

 

Click to expand/collapseformat-duration [altova:]

altova:format-duration(Duration as xs:duration, Picture as xs:string) as xs:string とする         XP3.1 XQ3.1

第 1 の引数として提出された期間を、第 2 の引数として提出された文字列によりをフォーマットします。出力は、文字列によりフォーマットされたテキスト文字列です。

altova:format-duration(xs:duration("P2DT2H53M11.7S"), "Days:[D01] Hours:[H01] Minutes:[m01] Seconds:[s01] Fractions:[f0]")"Days:02 Hours:02 Minutes:53 Seconds:11 Fractions:7" を返します。
altova:format-duration(xs:duration("P3M2DT2H53M11.7S"), "Months:[M01] Days:[D01] Hours:[H01] Minutes:[m01]")"Months:03 Days:02 Hours:02 Minutes:53" を返します。

 

 

Click to expand/collapseparse-duration [altova:]

altova:parse-duration(InputString as xs:string, Picture as xs:string) を xs:duration とする         XP3.1 XQ3.1

パターン化された文字列を最初の引数として、文字を第 2 の引数とします。入力文字列は文字をベースに解析され、 xs:duration が返されます。

altova:parse-duration("Days:02 Hours:02 Minutes:53 Seconds:11 Fractions:7"), "Days:[D01] Hours:[H01] Minutes:[m01] Seconds:[s01] Fractions:[f0]")"P2DT2H53M11.7S" を返します。
altova:parse-duration("Months:03 Days:02 Hours:02 Minutes:53 Seconds:11 Fractions:7", "Months:[M01] Days:[D01] Hours:[H01] Minutes:[m01]")"P3M2DT2H53M" を返します。

 

 

[ トップ ]

 

xs:time に期間を追加する         XP3.1 XQ3.1

これらの関数は xs:time に期間を追加し、 xs:time を返します。 xs:time  型は hh:mm:ss.sss 構文フォームです。文字 Z は協定世界時 (UTC) を表します。他のタイムゾーンは、UTC との差異を +hh:mm または -hh:mm のフォーマットで表示しています。タイムゾーンの値が無い場合は、UTC ではない未知のタイムゾーンとして見なされます。

 

Click to expand/collapseadd-hours-to-time [altova:]

altova:add-hours-to-time(Time as xs:time, Hours as xs:integer) を xs:time とする         XP3.1 XQ3.1

日付までの期間を時間数で表示します。第 2 の引数は第 1 の引数として与えられた xs:time に追加される時間数です。結果は xs:time 型です。

altova:add-hours-to-time(xs:time("11:00:00"), 10) 21:00:00 を返します。
altova:add-hours-to-time(xs:time("11:00:00"), -7)04:00:00 を返します。

 

 

Click to expand/collapseadd-minutes-to-time [altova:]

altova:add-minutes-to-time(Time as xs:time, Minutes as xs:integer) を xs:time とする         XP3.1 XQ3.1

日付までの期間を分数で表示します。第 2 の引数は第 1 の引数として与えられた xs:date に追加される分数です。結果は xs:date 型です。

altova:add-minutes-to-time(xs:time("14:10:00"), 45) 14:55:00 を返します。
altova:add-minutes-to-time(xs:time("14:10:00"), -5) 14:05:00 を返します。

 

 

Click to expand/collapseadd-seconds-to-time [altova:]

altova:add-seconds-to-time(Time as xs:time, Minutes as xs:integer) を xs:time とする         XP3.1 XQ3.1

時間までの期間を秒数で表示します。第 2 の引数は、第 1 の引数として与えられた xs:time に追加される秒数です。結果は xs:time 型です。第 2 のコンポーネントは 0 から 59.999 の範囲であることができます。

altova:add-seconds-to-time(xs:time("14:00:00"), 20)14:00:20 を返します。
altova:add-seconds-to-time(xs:time("14:00:00"), 20.895)14:00:20.895 を返します。

 

 

[ トップ ]

 

 

日付/時刻データ型からタイムゾーンの部分を削除する         XP3.1 XQ3.1

これらの関数は、現在のxs:dateTime、xs:date、 または xs:time 値からそれぞれタイムゾーンを削除します。 xs:dateTimexs:dateTimeStamp の差異は、後者のタイムゾーンが必要な場合です。(前者の場合は任意です。) xs:dateTimeStamp 値のフォーマットは CCYY-MM-DDThh:mm:ss.sss±hh:mm または CCYY-MM-DDThh:mm:ss.sssZ です。 、 日付と時刻が xs:dateTimeStamp としてシステムクロックから読み込まれる場合、 current-dateTime-no-TZ() 関数がタイムゾーンを削除するために使用されます。

 

Click to expand/collapsecurrent-date-no-TZ [altova:]

altova:current-date-no-TZ() を xs:date とする         XP3.1 XQ3.1

この関数は引数を必要としません。 current-date() (システムクロックによる現在の時刻) のタイムゾーンの部分を削除し、 xs:date の値を返します。

現在のdate2014-01-15+01:00 の場合:

 

altova:current-date-no-TZ()2014-01-15 を返します。

 

 

Click to expand/collapsecurrent-dateTime-no-TZ [altova:]

altova:current-dateTime-no-TZ() を xs:dateTime とする         XP3.1 XQ3.1

この関数は引数を必要としません。 current-dateTime() (システムクロックによる現在の時刻) のタイムゾーンの部分を削除し、 xs:dateTime の値を返します。

現在の dateTime が 2014-01-15T14:00:00+01:00 の場合:

 

altova:current-dateTime-no-TZ()2014-01-15T14:00:00 を返します。

 

 

Click to expand/collapsecurrent-time-no-TZ [altova:]

altova:current-time-no-TZ() を xs:time とする         XP3.1 XQ3.1

この関数は引数を必要としません。 current-time() (システムクロックによる現在の時刻) のタイムゾーンの部分を削除し、 xs:time の値を返します。

現在のtime14:00:00+01:00 の場合:

 

altova:current-time-no-TZ()14:00:00 を返します。

 

 

Click to expand/collapsedate-no-TZ [altova:]

altova:date-no-TZ(InputDate as xs:date) を xs:date とする         XP3.1 XQ3.1

この関数は xs:date 引数を必要とし、タイムゾーンの部分を削除し、 xs:date の値を返します。 日付が変更されていない点に注意してください。

altova:date-no-TZ(xs:date("2014-01-15+01:00"))2014-01-15 を返します。

 

 

Click to expand/collapsedateTime-no-TZ [altova:]

altova:dateTime-no-TZ(InputDateTime as xs:dateTime) を xs:dateTime とする         XP3.1 XQ3.1

この関数は xs:dateTime 引数を必要とし、タイムゾーンの部分を削除し、 xs:dateTime  の値を返します。 日付が変更されていない点に注意してください。

altova:dateTime-no-TZ(xs:date("2014-01-15T14:00:00+01:00"))2014-01-15T14:00:00 を返します。

 

 

Click to expand/collapsetime-no-TZ [altova:]

altova:time-no-TZ(InputTime as xs:time) を xs:time とする         XP3.1 XQ3.1

この関数は xs:time 引数を必要とし、タイムゾーンの部分を削除し、 xs:time 値を返します。時刻は変更されていないことに注意してください。

altova:time-no-TZ(xs:time("14:00:00+01:00"))14:00:00 を返します。

 

 

[ トップ ]

 

期間から日数、時間数、分数、および、秒数を返す         XP3.1 XQ3.1

これらの関数は、期間から、月内の日数、時間数、分数、秒数をそれぞれ返します。

 

Click to expand/collapsedays-in-month [altova:]

altova:days-in-month(Year as xs:integer, Month as xs:integer) as xs:integer         XP3.1 XQ3.1

は 指定された月内の日数 を返します。YearMonth 引数を使用して月を指定することができます。

altova:days-in-month(2018, 10)31 を返します。
altova:days-in-month(2018,  2)28 を返します。
altova:days-in-month(2020,  2)29  を返します。

 

 

Click to expand/collapsehours-from-dayTimeDuration-accumulated

altova:hours-from-dayTimeDuration-accumulated(DayAndTime as xs:duration) as xs:integer         XP3.1 XQ3.1

DayAndTime 引数 (which is of type xs:duration) により提供される期間内の時間の総数を返します。DayTime コンポーネント内の時間は、整数である結果に追加されます。60 分として新規の一時間は考えられます。ネガティブな時間の値で期間の結果をナビゲートすることができます。

altova:hours-from-dayTimeDuration-accumulated(xs:duration("P5D") は5日間の時間の総計である 120 を返します。
altova:hours-from-dayTimeDuration-accumulated(xs:duration("P5DT2H") は5日間の時間の総計プラス2時間である 122 を返します。
altova:hours-from-dayTimeDuration-accumulated(xs:duration("P5DT2H60M") は5日間の時間の総計プラス2時間プラス60分である 123 を返します。
altova:hours-from-dayTimeDuration-accumulated(xs:duration("P5DT2H119M") は5日間の時間の総計プラス2時間とプラス119分である 123 を返します。
altova:hours-from-dayTimeDuration-accumulated(xs:duration("P5DT2H120M") は5日間の時間の総計プラス2時間プラス120分である 124 を返します。
altova:hours-from-dayTimeDuration-accumulated(xs:duration("-P5DT2H")-122  を返します。

 

 

Click to expand/collapseminutes-from-dayTimeDuration-accumulated

altova:minutes-from-dayTimeDuration-accumulated(DayAndTime as xs:duration) as xs:integer         XP3.1 XQ3.1

DayAndTime 引数 (which is of type xs:duration) により提出される期間内の分数の総数を返します DayTime コンポーネントは、追加され、整数である結果に追加されます。ネガティブなマイナスの値で期間の結果をナビゲートします。

altova:minutes-from-dayTimeDuration-accumulated(xs:duration("PT60M") は  を返します。 60
altova:minutes-from-dayTimeDuration-accumulated(xs:duration("PT1H") は一時間内の分数である 60 を返します。
altova:minutes-from-dayTimeDuration-accumulated(xs:duration("PT1H40M")100  を返します。
altova:minutes-from-dayTimeDuration-accumulated(xs:duration("P1D") は一日の秒数の総数である 1440  を返します。
altova:minutes-from-dayTimeDuration-accumulated(xs:duration("-P1DT60M") は  を返します。 -1500

 

 

Click to expand/collapseseconds-from-dayTimeDuration-accumulated

altova:seconds-from-dayTimeDuration-accumulated(DayAndTime as xs:duration) as xs:integer         XP3.1 XQ3.1

(xs:duration の型である )DayAndTime 引数  により提出された期間内の秒数の総数を返します。DayTime コンポーネント内の秒数は、整数である結果に追加されます。ネガティブな秒の値で期間をナビゲートします。

altova:seconds-from-dayTimeDuration-accumulated(xs:duration("PT1M") は一分内の秒数である 60  を返します。
altova:seconds-from-dayTimeDuration-accumulated(xs:duration("PT1H") は一時間内の秒数の総数である 3600   を返します。
altova:seconds-from-dayTimeDuration-accumulated(xs:duration("PT1H2M")3720  を返します。
altova:seconds-from-dayTimeDuration-accumulated(xs:duration("P1D") は一日の秒数の総数である 86400   を返します。
altova:seconds-from-dayTimeDuration-accumulated(xs:duration("-P1DT1M")-86460  を返します。

 

 

 

xs:dateTime または xs:dateReturn から週数を返す         XP3.1 XQ3.1

これらの関数は、 xs:dateTime または xs:date から曜日を(整数として)を返します。曜日は (米国式フォーマットを使用して) 1 から 7 と番号づけられています。 日曜=1 と番号付けられます。 欧州のフォーマットでは月曜 (=1) として番号付けられます。日曜=1 である米国フォーマットは整数 0 がフォーマットを表示するために使用できる箇所で設定することができます。

Click to expand/collapseweekday-from-dateTime [altova:]

altova:weekday-from-dateTime(DateTime as xs:dateTime) を xs:integer とする          XP3.1 XQ3.1

 

時刻付きの日付を単一の引数として、この日付の曜日を正数として返します。曜日は 日曜=1 から開始して番号を付けます。 (月曜=1 とする) ヨーロッパのフォーマットが必要な場合、この関数の他の署名を使用します  (下の次の署名を参照)。

altova:weekday-from-dateTime(xs:dateTime("2014-02-03T09:00:00")) は月曜を表示する 2 を返します。

 

altova:weekday-from-dateTime(DateTime as xs:dateTime, Format as xs:integer) as xs:integer とする         XP3.1 XQ3.1

時間月の日付を最初の引数として、この日付の曜日を正数として返します。 曜日は 月曜=1 から開始して番号を付けます。 第 2 の引数(整数)が 0  の場合、 日曜=1 から開始して、曜日は 1から 7 と番号を付けます。第 2 の引数が 0 以外の整数の場合、 月曜=1です。 第 2 の引数がない場合、関数はこの関数の他の署名を持つと読み込まれます (前の次の署名を参照)。

altova:weekday-from-dateTime(xs:dateTime("2014-02-03T09:00:00"), 1) は月曜を表示する 1 を返します。
altova:weekday-from-dateTime(xs:dateTime("2014-02-03T09:00:00"), 4) は月曜を表示する 1 を返します。
altova:weekday-from-dateTime(xs:dateTime("2014-02-03T09:00:00"), 0) は月曜を表示する 2 を返します。

 

 

Click to expand/collapseweekday-from-date [altova:]

altova:weekday-from-date(Date as xs:date) を  xs:integer とする         XP3.1 XQ3.1

日付を単一の引数として、この日付の曜日を正数として返します。曜日は 日曜=1 から開始して番号を付けます。 (月曜=1 とする) ヨーロッパのフォーマットが必要な場合、この関数の他の署名を使用します  (下の次の署名を参照)。

altova:weekday-from-date(xs:date("2014-02-03+01:00")) は月曜を表示する 2 を返します。

 

altova:weekday-from-date(Date as xs:date, Format as xs:integer)  を  xs:integer とする         XP3.1 XQ3.1

日付を最初の引数とし、この日付の曜日を正数として返します。曜日は 月曜=1 から開始して番号を付けます。第 2 (フォーマット) 引数が 0,の場合、日曜=1 から開始し、曜日は 1 から 7で番号付けられます。第 2 引数が整数で 0 以外の場合、月曜=1です。第2 の引数がない場合、関数はこの関数の他の署名を持つと読み込まれます (前の署名を参照)。

altova:weekday-from-date(xs:date("2014-02-03"), 1) は月曜を示す 1 を返します。
altova:weekday-from-date(xs:date("2014-02-03"), 4) は月曜を示す 1 を返します。
altova:weekday-from-date(xs:date("2014-02-03"), 0) は月曜を示す 2 を返します。

 

 

[ トップ ]

 

 

xs:dateTime または xs:date から週数を返す     XP2 XQ1 XP3 XQ3

これらの関数は週数(整数として)を xs:dateTime から xs:date.から返します。週の番号付けは、米国、欧州、イスラムのカレンダーフォーマットで使用することができます。 週の始まりが異なるため、週数の番号付けは、カレンダーのフォーマットにより異なります。(米国フォーマットでは、日曜、欧州フォーマットでは月曜、イスラムフォーマットでは土曜が週の開始日です)。

 

Click to expand/collapseweeknumber-from-date [altova:]

altova:weeknumber-from-date(Date as xs:date, Calendar as xs:integer) を xs:integer とする     XP2 XQ1 XP3 XQ3

正数として提出された Date 引数の週数を返します。第 2 の引数(カレンダー)は続くカレンダーシステムを指定します。

サポートされる カレンダー の値は次のとおりです:

 

0 = US 米国のカレンダー (週の始まりは日曜日)
1 = ISO 標準、 欧州のカレンダー (週の始まりは月曜日)
2 = イスラムのカレンダー (週の始まりは土曜日)

 

デフォルトは 0 です。

 

altova:weeknumber-from-date(xs:date("2014-03-23"), 0)13 を返します。
altova:weeknumber-from-date(xs:date("2014-03-23"), 1)13 を返します。
altova:weeknumber-from-date(xs:date("2014-03-23"), 2)13 を返します。
altova:weeknumber-from-date(xs:date("2014-03-23")   )13 を返します。

 

上のサンプル (2014-03-23) の date の曜日は日曜日です。米国およびイスラムのカレンダーは欧州カレンダーのこの日付よりも一週間先です。

 

 

Click to expand/collapseweeknumber-from-dateTime [altova:]

altova:weeknumber-from-dateTime(DateTime as xs:dateTime, Calendar as xs:integer) を xs:integer とする     XP2 XQ1 XP3 XQ3

正数として提出された DateTime 引数の週数を返します。第 2 の引数(カレンダー)は続くカレンダーシステムを指定します。

サポートされる カレンダー の値は次のとおりです:

 

0 = US 米国のカレンダー (週の始まりは日曜日)
1 = ISO 標準、 欧州のカレンダー (週の始まりは月曜日)
2 = イスラムのカレンダー (週の始まりは土曜日)

 

Default is 0.

 

altova:weeknumber-from-dateTime(xs:dateTime("2014-03-23T00:00:00"), 0)13 を返します。
altova:weeknumber-from-dateTime(xs:dateTime("2014-03-23T00:00:00"), 1)13 を返します。
altova:weeknumber-from-dateTime(xs:dateTime("2014-03-23T00:00:00"), 2)13 を返します。
altova:weeknumber-from-dateTime(xs:dateTime("2014-03-23T00:00:00")   )13 を返します。

 

上のサンプル (2014-03-23T00:00:00) の dateTime の曜日は日曜日です。米国およびイスラムのカレンダーは欧州カレンダーのこの日付よりも一週間先です。

 

 

[ トップ ]

 

各型の構文コンポーネントから日付、時刻、期間の型を構築する         XP3.1 XQ3.1

関数は、xs:date, xs:time または xs:duration の構文コンポーネントを入力引数とし、引数を結合させて対応するデータ型を構築します。

 

Click to expand/collapsebuild-date [altova:]

altova:build-date(Year as xs:integerMonth as xs:integerDate as xs:integer) を xs:date とする         XP3.1 XQ3.1

第 1 、第 2 、第3 の引数は、それぞれ、年、月、日を表します。 xs:date 型の値を構築するため結合されます。整数の値は、特定の日付の一部の適正な範囲内である必要があります。例えば第 2 の引数 (月の部分) は 12 以上であってはなりません。

altova:build-date(2014, 2, 03)2014-02-03 を返します。

 

 

Click to expand/collapsebuild-time [altova:]

altova:build-time(Hours as xs:integerMinutes as xs:integerSeconds as xs:integer) を xs:time とする         XP3.1 XQ3.1

第 1 、第 2 、第3 引数はそれぞれ時間数 (0 から 23)、分数 (0 から 59)、および秒数 (0 から 59) の値です。これらの値は、 xs:time 型の値を作成するために結合されます。整数の値は、それぞれの部分の正しい範囲内である必要があります。 例えば、秒 (分) 引数は、 59 以上であってはなりません。値にタイムゾーンを追加するには、この関数の他の署名を使用してください (次の署名を参照)。

altova:build-time(23, 4, 57)23:04:57 を返します。

 

altova:build-time(Hours as xs:integerMinutes as xs:integerSeconds as xs:integerTimeZone as xs:string) を xs:time とする         XP3.1 XQ3.1

第 1 、第 2 、第 3 引数はそれぞれ時間数 (0 から 23)、分数 (0 から 59)、および秒数 (0 から 59) の値です。第四の引数は、値の一部としてタイムゾーンを与えます。 4 つの引数が結合され、xs:time 型の値を構築します。例えば、第 2 の引数 (分数) は 59 以上であってはなりません。

altova:build-time(23, 4, 57, '+1')23:04:57+01:00 を返します。

 

 

Click to expand/collapsebuild-duration [altova:]

altova:build-duration(Years as xs:integerMonths as xs:integer) を xs:yearMonthDuration とする         XP3.1 XQ3.1

xs:yearMonthDuration 型の値を構築するためには 2 つの引数が必要です。最初の引数は期間の 年数 値の部分を与え、第 2 の引数は、 月数 値の部分を与えます。第 2 の引数 (月数)がと同じまたはより大きくなると、整数は 12 により分割されます。  商は、 年数 の部分を表す 最初の引数に加算され、(除算の)残りはの部分は 月数の部分を表すために使用されます。期間の xs:dayTimeDuration 型を作成するには、次の署名を参照してください。

altova:build-duration(2, 10)P2Y10M を返します。
altova:build-duration(14, 27)P16Y3M を返します。
altova:build-duration(2, 24)P4Y を返します。

 

altova:build-duration(Days as xs:integerHours as xs:integerMinutes as xs:integerSeconds as xs:integer) を xs:dayTimeDuration とする         XP3.1 XQ3.1

xs:dayTimeDuration 型の値を構築するためには 4 つの引数が必要です。最初の引数は期間の 日数 値の部分で、第 2 、第 3 、第 4 引数は、それぞれ期間の時間数、 分数、秒数 値のです。これらの 3 つの 時間 引数は、次の高い単位の値に加算され、結果は期間の全体の値を計算するために使用されます。 例えば、 72 秒は、 1M+12S (1 分 と12 秒)に変換され、この値が期間全体の値を計算するために使用されます。 xs:yearMonthDuration 型の期間を構築するためには、次の署名を参照してください。

altova:build-duration(2, 10, 3, 56)P2DT10H3M56S を返します。
altova:build-duration(1, 0, 100, 0)P1DT1H40M を返します。
altova:build-duration(1, 0, 0, 3600)P1DT1H を返します。

 

 

[ トップ ]

 

文字列入力から 日付、日付時刻 または 時刻 を構築する     XP2 XQ1 XP3 XQ3

関数は、文字列を引数として、 xs:date、 xs:dateTime または xs:time データ型を構築します。文字列は、データ型のコンポーネントを提出されたパターン引数をベースにして分析されます。

 

 

Click to expand/collapseparse-date [altova:]

altova:parse-date(Date as xs:string, DatePattern as xs:string) を xs:date とする     XP2 XQ1 XP3 XQ3

Date 入力文字列を xs:date の値として返します。第二の引数である DatePattern は、入力文字列のパターン (コンポーネントのシーケンス) を指定します。DatePattern は、下にリストされるコンポーネント指定子および任意の文字であるコンポーネント セパレータ と共に説明されています。 下のサンプルを参照してください。

D

日付

M

Y

DatePattern  のパターンは、Date のパターンに一致する必要があります。出力は xs:date 型であるため、出力は常に YYYY-MM-DD 構文フォーマットになります。

 

altova:parse-date(xs:string("06-03-2014"), "[D]-[M]-[Y]") は 2014-03-06 を返します。
altova:parse-date(xs:string("06-03-2014"), "[M]-[D]-[Y]") 2014-03-06 を返します。
altova:parse-date("06/03/2014", "[M]/[D]/[Y]") 2014-03-06 を返します。
altova:parse-date("06 03 2014", "[M] [D] [Y]") 2014-03-06 を返します。
altova:parse-date("6 3 2014", "[M] [D] [Y]") 2014-03-06 を返します。

 

 

Click to expand/collapseparse-dateTime [altova:]

altova:parse-dateTime(DateTime as xs:string, DateTimePattern as xs:string) を xs:dateTime とする     XP2 XQ1 XP3 XQ3

DateTime 入力文字列を xs:dateTime の値として返します。第二の引数である DateTimePattern は、入力文字列のパターン (コンポーネントのシーケンス) を指定します。DateTimePattern は、下にリストされるコンポーネント指定子および任意の文字であるコンポーネント セパレータ と共に説明されています。 下のサンプルを参照してください。

D

M

Y

H

時間

m

s

 

DateTimePattern のパターンは、DateTime のパターンに一致する必要があります。出力は xs:dateTime 型であるため、出力は常に YYYY-MM-DDTHH:mm:ss 構文フォーマットになります。

 

altova:parse-dateTime(xs:string("06-03-2014 13:56:24"), "[D]-[M]-[Y] [H]:[m]:[s]")2014-03-06T13:56:24 を返します。
altova:parse-dateTime("time=13:56:24; date=06-03-2014", "time=[H]:[m]:[s]; date=[D]-[M]-[Y]")2014-03-06T13:56:24 を返します。

 

 

Click to expand/collapseparse-time [altova:]

altova:parse-time(Time as xs:string, TimePattern as xs:string) を xs:time とする     XP2 XQ1 XP3 XQ3

Time 入力文字列を xs:time の値として返します。第二の引数である TimePattern は、入力文字列のパターン (コンポーネントのシーケンス) を指定します。TimePattern は、下にリストされるコンポーネント指定子および任意の文字であるコンポーネント セパレータ と共に説明されています。 下のサンプルを参照してください。

H

時間

m

s

 

TimePattern のパターンは、Time のパターンに一致する必要があります。出力は xs:time 型であるため、出力は常に YYYY-HH:mm:ss 構文フォーマットになります。

 

altova:parse-time(xs:string("13:56:24"), "[H]:[m]:[s]")13:56:24 を返します。
altova:parse-time("13-56-24", "[H]-[m]")13:56:00 を返します。
altova:parse-time("time=13h56m24s", "time=[H]h[m]m[s]s")13:56:24 を返します。
altova:parse-time("time=24s56m13h", "time=[s]s[m]m[H]h")13:56:24 を返します。

 

 

[ トップ ]

 

年齢に関連した関数         XP3.1 XQ3.1

関数は計算された年齢(i) 入力引数の日付と現在の日付の期間 (ii) 2 つの入力引数の日付の期間 を返します。 altova:age 関数は、年齢を年数で返します、 altova:age-details は年齢を年数、月数、日数からなるを3つの整数のシーケンスで返します。

 

Click to expand/collapseage [altova:]

altova:age(StartDate as xs:date) を xs:integer とする         XP3.1 XQ3.1

引数として提出された開始日から(システムクロックから取得された)現在の日付  までの日数を数えて、あるオブジェクトの年齢の年数である正数を返します。入力引数が 1 年よりも大きい場合、または一年の場合、返される値は負の数です。

If the current date is 2014-01-15:

 

altova:age(xs:date("2013-01-15"))1 を返します。
altova:age(xs:date("2013-01-16"))0 を返します。
altova:age(xs:date("2015-01-15"))-1 を返します。
altova:age(xs:date("2015-01-14"))0 を返します。

 

altova:age(StartDate as xs:dateEndDate as xs:date) を xs:integer とする          XP3.1 XQ3.1

最初の引数として提出された開始日から第 2 の引数の終了日 までの日数を数えて、あるオブジェクトの年齢の年数である正数を返します。最初の引数が 1 年または第 2 の引数よりも後の日付の場合、返される値は負の数です。

If the current date is 2014-01-15:

 

altova:age(xs:date("2000-01-15"), xs:date("2010-01-15"))10 を返します。
altova:age(xs:date("2000-01-15"), current-date()) は、現在の日付が 2014-01-15 の場合 14 を返します。
altova:age(xs:date("2014-01-15"), xs:date("2010-01-15"))-4 を返します。

 

 

Click to expand/collapseage-details [altova:]

altova:age-details(InputDate as xs:date) を (xs:integer)とする         XP3.1 XQ3.1

引数と(システムクロックから取得された)現在の日付として提出された日付の間の年数、月数、日数の 3 つの整数を返します。 返された years+months+days の合計は、2 つの日付 (入力の日付と現在の日付) の時間差です。  入力の日付は現在の日付よりも早いまたは遅い値をもつことができますが、入力の日付が早いか遅いかは返される値で示されていません。戻される値は常に正の数です。

現在の日付が 2014-01-15 の場合:

 

altova:age-details(xs:date("2014-01-16"))(0 0 1)を返します。
altova:age-details(xs:date("2014-01-14"))(0 0 1) を返します。
altova:age-details(xs:date("2013-01-16"))(1 0 1) を返します。
altova:age-details(current-date())(0 0 0)を返します。

 

altova:age-details(Date-1 as xs:dateDate-2 as xs:date) を (xs:integer)とする         XP3.1 XQ3.1

二つの引数間の年数、月数、日数の 3 つの整数を返します。  返された years+months+days の合計は、2 つの入力の日付 の時間差です。最初の引数として提出される二つの日付はどちらが速くても、また遅くてもかまいません。返される値は入力の日付が現在の日付より早いかまた遅いかを示しません。戻される値は常に正の数です。

altova:age-details(xs:date("2014-01-16"), xs:date("2014-01-15"))(0 0 1) を返します。
altova:age-details(xs:date("2014-01-15"), xs:date("2014-01-16"))(0 0 1)を返します。

 

 

[ トップ ]

 


(C) 2019 Altova GmbH