SQLite 接続の設定

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データソースとターゲット > MapForce とデータベース > データベースへの接続 >

SQLite 接続の設定

SQLite (http://www.sqlite.org)  は、ポータブル性とインストールの簡便性が重要な場合理想的な構成のファイルベースの、内蔵のデータ型です。 Since SQLite データベースは、MapForce によりネイティブにサポートされるため、接続のためにドライバーをインストールする必要はありません。

 

SQLite データベースサポートに関するメモ

 

(マッピングをプレビューまたは MapForce Server 実行ファイルを実行する際) SQLite データベースは MapForce 内蔵 変換言語によりサポートされています。
ユーザー定義関数 (UDF) は SQLite データベースをサポートしません。
Linux では、 SQLite データベースのステートメント実行タイムアウトはサポートされません。
フルテキスト検索テーブルはサポートされません。
テーブルの各行内の異なるデータ型の値を SQLite は許可します。 MapForce では、処理されたすべての値は宣言された列の型との互換性が必要です。ですから、 SQLite データベースが宣言された列の値と異なる行の値を持つ場合ランタイムエラーが起る可能性があります。
SQLite データベースにマッピングを書き込む場合、 また、ターゲットデータベースが存在しない場合、外部にターゲットデータベースを作成する必要があります。この場合、 DatabaseSpy (http://www.altova.com/ja/databasespy.html )などのツールを使用して作成するか、または  SQLite コマンドラインシェルを公式の Web サイトからダウンロードして、コマンドラインからデータベースファイルを作成してください (サンプル: XML から SQLite へデータをマップ を参照)。SQLite コマンド構文に関する完全なレファレンスは、 SQLite の公式のドキュメントを参照してください。

 


(C) 2019 Altova GmbH