サンプル ADO.NET 接続文字列

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データソースとターゲット > MapForce とデータベース > データベースへの接続 > ADO.NET 接続のセットアップ >

サンプル ADO.NET 接続文字列

ADO.NET 接続をセットアップするには、データベース接続ダイアログボックスから ADO.NET プロバイダー を選択し、 接続文字列を入力します。 (次も参照してください ADO.NET 接続のセットアップ)。 異なるデータベースのサンプル ADO.NET 接続文字列は .NET プロバイダーの下にリストされています。

 

Teradata のための .NET Data

 

このプロバイダーは、次の Teradata Web サイトからダウンロードすることができます (http://downloads.teradata.com/download/connectivity/net-data-provider-for-teradata)。 サンプル接続は以下のとおりです:

 

Data Source=ServerAddress;User Id=user;Password=password;

 

 

IBM i のための .NET Framework データプロバイダー

 

このプロバイダーは、 IBM i Access Client Solutions - Windows Application Package の一部としてインストールされます。サンプル接続文字列は以下のとおりです:

 

DataSource=ServerAddress;UserID=user;Password=password;DataCompression=True;

 

詳細に関しては、インストールパッケージ内に含まれる「.NET プロバイダー 技術レファレンス ヘルプファイル」を参照してください。

 

MySQL のための .NET Framework データプロバイダー

 

このプロバイダーを MySQL ウェブサイトからダウンロードすることができます (https://dev.mysql.com/downloads/connector/net/)。サンプル接続文字列は以下のとおりです:

 

Server=127.0.0.1;Uid=root;Pwd=12345;Database=test;

 

次も参照してください: https://dev.mysql.com/doc/connector-net/en/connector-net-programming-connecting-connection-string.html

 

SQL Server のための .NET Framework データプロバイダー

 

サンプル接続文字列は以下のとおりです:

 

Data Source=DBSQLSERV;Initial Catalog=ProductsDB;User ID=dbuser;Password=dbpass

 

次も参照してください: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms254500(v=vs.110).aspx

 

.NET Framework 4.0 のための IBM DB2 データプロバイダー 10.1.2

 

Database=PRODUCTS;UID=user;Password=password;Server=localhost:50000;

 

メモ:このプロバイダーは、通常 IBM DB2 Data Server Client パッケージと共にインストールされます。 IBM DB2 Data Server Client パッケージをインストール後 ADO.NET プロバイダーのリスト内で プロバイダーが不足している場合、 次の技術メモを参照してください: http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21429586

 

次も参照してください: http://www.ibm.com/support/knowledgecenter/en/SSEPGG_10.1.0/com.ibm.swg.im.dbclient.adonet.ref.doc/doc/DB2ConnectionClassConnectionStringProperty.html

 

.NET (ODP.NET) のための Oracle データプロバイダー

 

ODP.NET プロバイダーを含むインストールパッケージを Oracle ウェブサイトからダウンロードすることができます (次を参照してください: http://www.oracle.com/technetwork/topics/dotnet/downloads/index.html). サンプル接続文字列は以下のとおりです:

 

Data Source=DSORCL;User Id=user;Password=password;

 

Oracle への接続(ODBC)内で説明されているように tnsnames.ora ファイル内で定義された Oracle サービス名をさす DSORCL がデータソース名の場合。

 

tnsnames.ora ファイル内のサービス名を構成せず接続する場合は、 以下のような文字列を使用してください:

 

Data Source=(DESCRIPTION=(ADDRESS_LIST=(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=host)(PORT=port)))(CONNECT_DATA=(SERVER=DEDICATED)(SERVICE_NAME=MyOracleSID)));User Id=user;Password=password;

 

次も参照してください: https://docs.oracle.com/cd/B28359_01/win.111/b28375/featConnecting.htm


(C) 2019 Altova GmbH