古い構成ファイルのアップグレード

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データソースとターゲット > MapForce と EDI > EDI 構造のカスタム化 >

古い構成ファイルのアップグレード

EDI 構成ファイルには、 MapForceEDI ディレクトリ内に含まれる XML スキーマの1つへの参照が含まれています (次を参照: EDI 構成スキーマ)。構成ファイルのスキーマとバージョンをビューするには、テキストエディターでファイルを開き、最初の行を確認してください:

 

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<Config xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:noNamespaceSchemaLocation="../EDIConfig5.xsd" Version="5">

 

MapForce 2019 は、 MapForce 2011、 リリース 3 から搭載されている EDIConfig.xsd スキーマ バージョン 3 または、以降をベースにした カスタム EDI 構成 を識別します。以前のバージョンと比較すると、このスキーマは同じ EDI コンポーネント内の複数のメッセージ型から、データをマップすることができます。バージョン3以前のスキーマバージョンをポイントするカスタム EDI 構成ファイルを使用する場合、 構成ファイルをアップグレードする必要があります。それ以外の場合、カスタム EDI コレクションをマッピングに追加する場合、次のメッセージが「EDI コレクションの参照」 ダイアログボックスに表示されます:

 

"選択された EDI コレクションは、各コンポーネントに対し単一のメッセージ型をサポートする古い構成ファイル バージョンを使用しています。"

 

EDI 構成ファイルのスキーマを EDIConfig.xsd バージョン 2 から EDIConfig.xsd バージョン 3 にアップグレードする方法が次に説明されています。

 

 

構成ファイルのアップグレード:

1.カスタム化された EDI コレクション (例えば、 "EDIFACT.Custom") を含むフォルダーに Envelope.Config を元の構成フォルダー (例えば、 "EDIFACT") からコピーします。
2.EDI.Collection、を編集して、ルート要素の Version 属性を "2" から "3" に変更します。
3.</Meta> タグの後に <Root File="Envelope.Config"/> を追加します:

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<Messages xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" Version="3">
 <Meta>
   <Version>D</Version>
  <Release>04B</Release>
  <Agency>UN</Agency>
  </Meta>
  <Root File="Envelope.Config"/>
  <Message Type="ORDERS" File="ORDERS.Config" Description="Purchase order message"/>
</Messages>

4.ORDERS.Config、を編集して、ルート要素の Version 属性を "2" から "3" に変更します。
5.<Format standard="EDIFACT"/> (、または、場合によっては、 X12、または、 HL7) を </Meta> タグの後に追加します。
6.<Group name="Message"...><Group name="Message_ORDERS"...> (または、カスタムメッセージ型)に名前を変更し、 外部のグループレベルを削除します ("Envelope"、"Interchange" およびそのセグメント) は以下のとおりです:

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<Config xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" Version="3">
  <Meta>
    <Version>D</Version>
    <Release>04B</Release>
    <Agency>UN</Agency>
  </Meta>
  <Format standard="EDIFACT"/>
  <Include href="Admin.Segment"/>
  <Include href="EDSD.Segment"/>
  <Include href="UNCL.Codelist"/>
  <Message>
    <MessageType>ORDERS</MessageType>
    <Description>Purchase order message</Description>
    <Revision>14</Revision>
    <Date>2004-11-23</Date>
     <Group name="Envelope">
        <Group name="Interchange" maxOccurs="unbounded">
           <Segment ref="UNA" minOccurs="0"/>
           <Segment ref="UNB" minOccurs="0"/>
           <Group name="Group" maxOccurs="unbounded">
              <Segment ref="UNG" minOccurs="0"/>
              <Group name="Message_ORDERS" maxOccurs="unbounded" info="UNH - Message header">
                <Segment ref="UNH"/>
                <Segment ref="BGM"/>
                      <Segment ref="UNT"/>
              </Group>
              <Segment ref="UNE" minOccurs="0"/>
           </Group>
           <Segment ref="UNZ" minOccurs="0"/>
        </Group>
     </Group>
  </Message>
</Config>

構成ファイルを編集中にマッピング開かれている場合、再ロードされる必要があります。"Message" to "Message_ORDERS" アイテムから自動的に接続が再マップされます。


(C) 2019 Altova GmbH