このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

上記のように、ソース優先の (標準ではない) 接続は、通常、複合コンテンツ ノードからデータをマッピングする際に使用されます。それ以外の場合、結果する出力は、希望する結果ではない可能性があります。通常の標準(ターゲット優先)接続を使用して、複合コンテンツ ノードからデータをマッピングする場合の結果を確認するには、以下の手順を踏んでください:

 

1.<マイ ドキュメント>\Altova\MapForce2020\MapForceExamples\Tutorial\ フォルダーからマッピング Tut-OrgChart.mfd を開きます。

2.ソース内の para ノード とターゲット内の para ノード 間に接続を作成します。MapForce が接続をソース優先と定義するかを問うメッセージが表示されます。「いいえ」をクリックします  (これにより、 MapForce による提案を破棄し、通常の接続を作成します)。

mix-std-1

メモ:接続が上で表示されているように標準(ターゲット優先)であることを確認してください。 すべてコピー 接続が自動的に作成されると、接続を右クリックして、コンテキストメニューから「ターゲット優先」 (標準)を選択します。

 

3.「出力」タブをクリックして、マッピングの結果を表示します。

mix-std-2

 

上に示されるように、混合コンテンツのアイテムに対して標準マッピングを適用すると、以下のような結果となります:

 

text() ソースアイテムのコンテンツがターゲットにコピーされます。しかしながら、出力内の子ノード(この場合、bolditalic ) のシーケンスは、ターゲット XML スキーマ内のシーケンスに対応します。すなわち、子ノード(この場合、bolditalic) は、複合コンテンツ ノードテキストの後に表示されます。

それぞれの para 要素に対して、 MapForce は、 text() ノード を最初にマップし、すべての bold アイテムと、最後に全ての italic アイテムをマップします。この結果、複数の bolditalic アイテムは、互いに積み上げられて表示されます。各アイテムのコンテンツは、接続がソースから存在する場合に表示されます。

(C) 2019 Altova GmbH