このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

ソース優先(混合コンテンツ)マッピングを使うことで、テキストならびに子ノードを、XML ソースファイルにある順序通りにマッピングすることができます。

 

混合コンテンツテキストノードコンテンツがサポートされます。

子ノードの順序はソース XML インスタンスファイルに依存します。

 

conn_mixedContent

 

混合コンテンツのマッピングは点線により表示されます。

 

勿論、ソース優先 / 混合コンテンツマッピングを XML スキーマの複合型に適用することもできます。XML ソースファイルの順序に従って子ノードのマッピングは行われます。

 

ソース優先 / 混合コンテンツマッピングでは以下がサポートされます:

 

マッピング

 

ソースコンポーネントとして:

XML スキーマ複合型(mixed=true となっている混合コンテンツを含む)

データベースフィールドへ組み込まれたスキーマ内にある、XML スキーマ複合型(混合コンテンツを含む)

 

ターゲットコンポーネントとして:

XML スキーマ複合型(混合コンテンツを含む)

データベースフィールドへ組み込まれたスキーマ内にある、XML スキーマ複合型(混合コンテンツを含む)

 

メモ: CDATA セクションはテキストとして扱われます。

(C) 2019 Altova GmbH