このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

SAP IDocs (中間伝票)ドキュメントは、SAP と非 SAP アプリケーション間におけるデータのやり取りに使用されます。ドキュメントは、異なるシステム間における中間データとして機能します

 

IDoc は以下のような構造を持ちます:

 

コントロールレコード: 送信者や受信者、メッセージや IDoc の種類といった IDoc に関する制御情報が含まれます。制御レコードは、あらゆる種類の IDoc にて同じような書式になります。

データセグメント: セグメントに含まれる実際のデータや、その他メタデータのヘッダー、セグメントの番号や種類、データが含まれるフィールドといったデータが含まれます。

ステータスレコード: ドキュメントの現在ステータス(現在処理されているステージ)と、これから処理を行うステージに関する情報が含まれます。ステータスの書式は、全種類の IDoc にて共通しています。

 

Port 定義にある Version 番号にて、通信を行なっているシステムが定義されます。バージョン間における主な違いは、各要素にて使用される名前の長さと、拡張の使用に関するものです。SAP R3 バージョン 4.X では、これまでのバージョンには無かった長い名前(そして拡張)がサポートされます。

 

ポート バージョン 1: リリース 2.1ならびに 2.2.

ポート バージョン リリース 3.0、3.1、R/2 システム

ポート バージョン 3: リリース 4.x  (デフォルト値)

 

MapForce において、IDoc コンポーネントはメッセージの種類に対して30文字、IDoc の種類に対して30文字、セグメントフィールドに対して27文字が割り当てられた固定長のファイルとして扱われます。

 

..\MapForceExamples フォルダー内にある <マイ ドキュメント>\Altova\MapForce2020\MapForceExamples\IDoc_Order.mfd ファイルでは、SAP IDoc から XML スキーマターゲットファイルへのマッピングサンプルを確認することができます。

 

 

SAP IDoc ドキュメントをマッピングコンポーネントとして挿入する:

1.メニューオプションから 「入力 | EDI」 を選択します。EDI コレクションの 参照 ダイアログボックスが表示されます。

2.リストボックスから SAP IDoc エントリーをクリックします。

3.「参照」 ボタンをクリックして、("IDoc 定義ファイル"としても知られる) IDoc パーサーレポートを選択します .

IDoc パーサーレポートは、使用中の SAP システムから WE60 "Documentation for IDoc types" を使用することで得ることができます。SAP から圧縮されていない書式でファイルがエクスポートされる必要があります。WE60 を呼び出す方法に関する情報とレポートの解析に関しては、 SAP IDoc ドキュメントを参照してください。IDoc_Order.mfd サンプルに対して構成ファイルのORDERS01-Parseridoc.txt <マイ ドキュメント>\Altova\MapForce2020\MapForceExamples\ フォルダーに収められています。

dlg_sapidoc_browse

4.「OK」をクリックして、 EDI ファイルを選択します

dlg_edi_browse_instance

5.IDoc ファイルからデータをマップする場合、 「参照」 をクリックして、データを提供する IDoc (*.idoc) ファイルを選択します。サンプル IDoc ファイルは、 MapForce Examples フォルダーにあります ( <マイ ドキュメント>\Altova\MapForce2020\MapForceExamples\ORDERS.idoc を参照する)。その他の場合は、「スキップ」 をクリックします。

6.コンポーネント設定ダイアログボックスが表示されます。これにより、マッピングに追加する前に IDoc コンポーネントの設定をリビューすることができます。必要な場合この設定を後に変更することができます。(コンポーネント設定を変更する を参照する)。

dlg_connection_settings_sap_idoc

7.「OK」 をクリックして、コンポーネント設定ダイアログボックスを閉じます。IDoc コンポーネントが挿入されます。

(C) 2019 Altova GmbH