このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

(XSLT 1.0、 XSLT 2.0 などの) 最初のオプショングループにより、コードを生成する際の ターゲット言語を定義 することができます。

 

出力ファイルの検証

参照されているスキーマに対して出力 XML ファイルを検証します。

 

生成された出力の保存

出力タブに現在表示されているデータを保存します。

 

生成されたすべての出力を保存

動的マッピングにより生成された出力をファイルに保存します。詳細については 複数の入力または出力ファイルを動的に処理 を参照ください。

 

出力を再生成

現在のマッピングを出力ウィンドウから再生成します。

 

SQL スクリプトを実行

SQL スクリプトが現在出力ウィンドウで表示されている場合、テーブルアクションの定義に従ったかたちで、ターゲットデータベースに対してマッピングを実行します。

 

ブックマークの挿入/削除

出力ウィンドウのカーソル位置にブックマークを挿入します

 

次のブックマーク

出力ウィンドウ内にある次のブックマークへ移動します。

 

前のブックマーク

出力ウィンドウ内にある前のブックマークへ移動します。

 

全てのブックマークを削除

出力ウィンドウにて現在定義されている全てのブックマークを削除します。

 

XML テキストの整形

出力ペインに表示されている XML ドキュメントの表示を、ドキュメントの構造に従ったかたちに再構成します。各子ノードが、親ノードよりインデントされたかたちで表示されます。この機能では、タググループにて指定されたタブサイズの設定(タブまたはスペースを挿入)が使用されます。

 

テキストビューの設定

テキストビュー設定ダイアログボックスを表示します。このダイアログボックスにより出力 ペイン、 XSLT ペイン、 と XQuery ペインでテキストビュー設定をカスタマイズすることができます。またこのダイアログボックスは、現在ウィンドウ内で適用されている定義済みのホットキーを表示しています。 詳細に関しては、次を参照してください テキストビュー機能

(C) 2019 Altova GmbH