このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

時が経つに従って、XML スキーマにて定義された要素や属性が追加/削除され、マッピング内にあるコンポーネントの構造が変更されるということがあります。MapForce ではプレースホルダーアイテムを使用することで、全ての接続を保持し、アイテムが削除された際にコンポーネント間で関連する接続データの保持を行います。

 

サンプル

MFCompany.xsd スキーマファイルをサンプルファイルとして使用します。スキーマファイルを MyCompany.xsd という名前でコピーし、両スキーマ間にて Company アイテムに対する接続を作成します。これで子要素の自動接続が有効になっている場合、コンポーネント間にある全ての子アイテムに対する接続が作成されます。

 

miss-1

 

XMLSpy にて MyCompany.xsd を編集し、スキーマ内にある First ならびに Last アイテムを削除します。MapForce へ再度切り替えると、スキーマを再ロードするよう促されます。再ロードすることで、MapForce 内にあるコンポーネントが更新されます。

 

miss-2

 

削除されたアイテムならびにコネクタが、アイコンとともに MyCompany コンポーネントに表示されます。必要な場合は他のアイテムへコネクタを再接続することができるほか、コネクタを削除することもできます。

 

この状態でマッピング(または生成されたコード)のプレビューを行うこともできますが、警告がメッセージウィンドウに表示されます。プレビューならびにコード生成において、上のアイコンで示されるような、見つからないアイテムは無視されます。

 

ハイライトされているコネクタをクリックし、削除することで、見つからないアイテム(この場合は MyCompany 内部の Last)がコンポーネントから削除されます。

 

miss-3

 

名前の変更されたアイテム

例えば Person という親アイテムが ZPerson という名前に変更された場合、オリジナル (Person) の親アイテムコネクタが保持され、子アイテムのコネクタが削除されます。

 

miss-4

 

「全てコピー」接続と見つからないアイテム

全てコピー接続は通常の接続と同じように扱われますが、見つからないアイテムへの接続は保持も表示もされません。

 

miss-5

 

名前変更または削除されたコンポーネントソース

スキーマや、データベース などのコンポーネントのデータソースが名前変更または削除された場合、コンポーネントに含まれる全てのアイテムがハイライトされます。コンポーネントの外周であるフレームにより、スキーマ またはデータベースファイル に対して正常な接続がなされていないことが示されます。この状態でプレビューやコード生成を行うことはできません。

 

miss-6

 

マウスカーソルをハイライトされているコンポーネントへマウスオーバーすることで、ポップアップが表示されます。

 

miss-schema

 

ハイライトされたコンポーネントのタイトルバーをダブルクリックすることで、コンポーネント設定ダイアログボックスが表示、異なるスキーマを選択することができます。コンポーネント設定の変更を参照してください。

 

コンポーネントがデータベースの場合、ダイアログボックス内の変更ボタンをクリックすることで、別のデータベースやテーブルを選択することができるようになります。同名のテーブルへの接続は保持されます。

dlg_component_settings_change_db_path

 

全ての妥当な(正確な)接続  同様の構造を持ったスキーマ またはデータベース を選択した場合全ての妥当な(正確な)接続が保持されます。

(C) 2019 Altova GmbH