このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

MapForce は、 CSV (コンマで区切られた値) と FLF (固定長フィールド) テキストファイルなどのテキストベースのファイルから、またはへの、データのマッピングのためのサポートを含みます。 例: 以下のようなデータ変換を作成することができます:

 

XML スキーマとフラットファイルフォーマット

データベースとフラットファイルフォーマット

UN/EDIFACT ならびに ANSI X12 と、フラットファイルまたはデータベース

 

CSV の場合、ファイルはコンマだけでなく、タブ、セミコロン、スペースまたは他のカスタム化された値などの区切り記号を含むことができます。

 

CSV と FLF ファイルの他に、 MapForce FlexText (このモジュールは MapForce Enterprise Edition で使用することができます) を使用すると、複雑またはカスタム化された構造のためのテキストファイルから、またはへのマッピングが可能になります。FlexText を使用すると、( "FlexText テンプレート"を使用して) 他のフォーマットにマッピングするために  カスタムテキストデータを定義することが可能になります。詳細は MapForce FlexText を参照ください。

 

ファイルテキストから、またはテキストファイルへのデータのマッピングは以下の言語でサポートされています : Java、 C#、 C++、 または  BUILT-IN。

 

マッピングされたフラットなファイルデータ生成/保存するには 2 つの方法があります:

 

出力タブをクリックすることで、内蔵の実行エンジンを使ったプレビューが生成され、「出力 | 出力ファイルの保存」メニューオプションを選択するか、 ic-save-sel-string アイコンをクリックすることで結果を保存できます。

メニューオプションの「ファイル | コードの生成 | Java、C#、または C++」を選択し、生成されたコードをコンパイル、実行します。

(C) 2019 Altova GmbH