SOAP Web サービスの実装

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム > 

SOAP Web サービスの実装

MapForce Enterprise エディションを使用して、既存の Web サービス記述言語 (WSDL) ファイルをベースにしたSOAP  Web サービスを実装する Java または C# プログラムコードを生成することができます。以下のようにデータを WSDL オペレーション にマップすることができます:

 

フラットファイル、 XML、 XBRL、 EDI、 Microsoft Excel、とデータベースを含む MapForce によりサポートされている、全てのデータベースへのオ WSDL ペレーションからの入力。
MapForce によりサポートされる データソースから WSDL オペレーションへの出力。

 

MapForce は WSDL 1.1 と WSDL 2.0 をサポートします(追加情報と制限に関しては、 SOAP/WSDL サポートメモJava SOAP Web サービスの指定を参照してください)。

 

メモ:SOAP Web サービスを既存の WSDL ファイルから開発する代わりに、MapForce マッピングを API またはコマンドライン呼び出しを介して実行することのできる MapForce Server にデプロイすることができます。更に、 FlowForce Server を使用すると、 FlowForce Server が作動するマシンでマッピングをジェネリックな( SOAP ではない) Web サービスとして更に公開することができます。BUILT-IN 変換言語のためにデザインされたマッピングは、MapForce Server または FlowForce Server へのデプロイの必要条件を満たします。FlowForce Server は MapForce マッピングを Web サービスに変換するだけでなく、計画的に、または、オンデマンドでジョブ実行することも可能な専用のサーバーソリューションです。 詳細に関しては、 FlowForce Server にマッピングをデプロイする.を参照してください。

 

必要条件

MapForce で Web サービスを作成するには、 Web サービスの WSDL ファイル が必要です。 WSDL ファイルをデザインし、 XMLSpy で SOAP リクエストをテストすることも可能です。更に、  Web サービスサーバーを実行するためにプラットフォーム特定のソフトウェアが必要になる場合があることに注意してください。 例:

 

Java

Java Development Kit 1.7 または以降
Apache Tomcat: http://tomcat.apache.org
Apache Axis2: http://ws.apache.org/axis2/、Tomcat 内の SOAP フレームワーク
Apache Ant: http://ant.apache.org/

 

C#

Microsoft Visual Studio 2005 または以降
Microsoft Internet Information Services (IIS) verson 5.0 または以降。

 

作動のしくみ

次のダイアグラムは、Web サービスの実装のプロセス全体を、既存の WSDL ファイルから SOAP クライアントアプリケーションの呼び出しまでの段階を表示しています。最初の2つのステップのみが MapForce 内で行われます。ステップ 3 と 4 は機関により使用される第三者ツールと環境により異なります。

mff_soap_ws

 

上記のプロセスは、以下の用に作動します:

 

ステップ #

説明

1. 既存の WSDL ファイルから Web サービスをデザインする

WSDL ファイルの準備ができると、新規 MapForce Web サービスプロジェクトを開始します。MapForce Web サービスプロジェクトには特定の WSDL オペレーション、または、 Web サービス にアクセスする定義済みの構造があります。MapForce Web サービスプロジェクトを開始すると、任意で WSDL ファイル内で検索された全ての WSDL オペレーションために自動的にマッピングファイルを生成するように MapForce に命令することができます。代わりに、 WSDL サービス と WSDL Endpoints を MapForce Web サービスプロジェクトに含まれるように個別に選択することもできます。y MapForce の視覚的なユーザーインターフェイスでは、WSDL オペレーションはマッピングに相対し、オペレーションの出力と入力パラメーターはマッピング内にコンポーネントとして表示されます。

 

WSDL オペレーションの入力または出力を含むマッピングと作業中に、他のマッピングのために行うように実行の結果をプレビューすることができます。これを行うには、Web サービス の WSDL 文法に準するサンプル SOAP リクエストファイル (XML 書式) が必要になります (XMLSpy を使用してこのようなインスタンスファイルを生成することができます )。

2. Java または C# コードの生成

MapForce 内で Web サービスプロジェクトの準備が整うと、(テストのために)個々のマッピング 、または、プロジェクト全体のために C# または Java コードを生成することができます。後者の場合、 MapForce は選択される言語(C# または Java)で Web サービスサーバーを作成します。

3. ビルドし Web サービス をサーバーにデプロイする

このステップでは、 生成された C# または Java コード (MapForce 外) でコンパイルし、カスタム Web サーバーにデプロイします。Your Web サービスは SOAP サービスをホストし SOAP クライアントの呼び出しに応答可能である必要があります。上記の必要条件のセクションを参照してください。

4. Web サービスをホストする

コンパイルされた Web サービスは選択するサーバーによりホストすることができます。例:

Apache Tomcat
Internet Information Services (IIS)

5. Web サービスを呼び出す

Web サービスのクライアントは SOAP 呼び出しを生成し、レスポンスを処理することのできる XMLSpy または MapForce を含むアプリケーションが含まれます。

 

ステップ 1に関する詳細は、SOAP Web サービスプロジェクトの作成を参照してください。 他のステップに関しては、 例: SOAP Web サービスの生成 (C#)例: SOAP Web サービスの生成 (Java) を参照してください。


(C) 2019 Altova GmbH