このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

PADIS (Passenger and Airport Data Interchange Standards) は、 EDIFACT (ISO 9735) 構文を使用したメッセージのセットです。

 

MapForce は、現在メッセージヘッダーとトレーラーセグメントを使用したメッセージのみをサポートしています。

MapForce は、 IATA.00.1 から IATA.08.1. までのコレクションをサポートしています。

IATA PADIS ファイルをマッピングコンポーネントとして追加する:

1.「挿入」 メニューから、「EDI」 をクリックします。

2."IATA PADIS" から  "IATA"  コレクションをクリックし、 必要なメッセージ型の横のチェックボックスを選択します)。

mf_edi_iata_add

3.インスタンスファイルを提供するようにプロンプトされると、「参照」 をクリックして、ソース IATA ファイルをマッピングソースとして使用するために開きます。IATA PADIS コンポーネントにマッピングする場合、 「スキップ」をクリックします。

 

IATA コンポーネントがマッピングに追加され、マッピングの接続を描くことができます。 IATA コンポーネントの設定を変更するには、右クリックして、コンテキストメニューから 「プロパティ」 を選択します (次も参照: EDI コンポーネント設定)。

(C) 2020 Altova GmbH