IATA PADIS

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データソースとターゲット > MapForce と EDI >

IATA PADIS

PADIS (Passenger and Airport Data Interchange Standards) は、 EDIFACT (ISO 9735) 構文を使用したメッセージのセットです。

 

MapForce は、現在メッセージヘッダーとトレーラーセグメントを使用したメッセージのみをサポートしています。
MapForce は、 IATA.00.1 から IATA.08.1. までのコレクションをサポートしています。

 

 

IATA PADIS ファイルをマッピングコンポーネントとして追加する:

1.「挿入」 メニューから、「EDI」 をクリックします。
2."IATA PADIS" から  "IATA"  コレクションをクリックし、 必要なメッセージ型の横のチェックボックスを選択します)。

mf_edi_iata_add

3.インスタンスファイルを提供するようにプロンプトされると、「参照」 をクリックして、ソース IATA ファイルをマッピングソースとして使用するために開きます。IATA PADIS コンポーネントにマッピングする場合、 「スキップ」をクリックします。

 

IATA コンポーネントがマッピングに追加され、マッピングの接続を描くことができます。 IATA コンポーネントの設定を変更するには、右クリックして、コンテキストメニューから 「プロパティ」 を選択します (次も参照: EDI コンポーネント設定)。


(C) 2019 Altova GmbH