EDI 用語解説

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データソースとターゲット > MapForce と EDI >

EDI 用語解説

次のリストでは、 EDI に関連した標準と共に使用される一般に使用される用語について説明されています。

 

メッセージ

メッセージとは、ビジネスドキュメントを表す集合のことです。 ASC X12 内では、メッセージは、"トランザクション"と呼ばれます。メッセージは、"セグメント" と呼ばれる複数のビルディングブロックから構成されます。MapForce では複数種類のメッセージが単一の EDI コンポーネントにてサポートされます。(次を参照: EDI コンポーネントをマッピングに追加する )。

 

セグメント

セグメントとは、メッセージに含まれる単一の「レコード」のことです。

 

セグメントは、 2 または 3 文字からなる ID により識別されます。関連する要素のグループによりセグメントタグ(ANSI X12 におけるセグメント ID)が構成されます。トランザクションのセグメントは、必須または条件(オプション)セグメントとして定義することができます。

 

データ要素

セグメント内にある個々のデータフィールドのことです。要素はフィールドとして考えることができ、例えば 1 種類のデータ、名前、または住所などを含めることができます。要素は更に、コンポーネントの要素やサブ要素からなる複合要素へ分けることができます。

 

セパレーター

要素は「セパレーター文字」で区切られます。セパレーターは、通常テキストフィールドで発生する ASCII 文字です (例えば、 コロン、アスタリスク 、パイプ、バー、アンパサンド など)。EDI フレーバーによりセパレーターは異なります。デフォルトでは、各 EDI フレーバーのために適用することのできる標準のセパレーターを MapForce は認識します。しかしながら、セパレーターは必要に応じてカスタマイズすることができます (次を参照: EDI コンポーネント設定)。


(C) 2019 Altova GmbH