このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

コメントと処理命令はターゲット XML コンポーネントに挿入することができます。処理命令は、 XML ドキュメント。を更に処理するアプリケーションに情報をパスするために使用されます。コメントと処理命令は、全てコピーマップグループのためのノードのためには定義することができないことに注意してください。

 

 

処理命令の挿入方法:

1.ターゲットコンポーネント内の要素を右クリックして、 コメント/処理命令を選択し、メニュー (前、後) から処理命令 オプションを選択します。
2.処理命令 (ターゲット) 名をダイアログ内に入力し、 「OK」 を押して確認します。例: xml-stylesheet。

これによりこの名前をコンポーネントツリーに追加します。

 

ProcessInstruction

 

3.以下を使用することができます。例: 処理命令属性の値を与えるために定数コンポーネントを使用する。 例: href="book.css" type="text/css".

 

メモ:

複数の処理命令は、ターゲットコンポーネント内の要素の前または後ろに追加することができます。

 

 

コメントの挿入:

1.ターゲットコンポーネント内の要素を右クリックして、コメント/処理命令を選択し、メニューからコメントオプション(前、後ろ)を選択します。

ProcessComm

これは、コンポーネントツリーにコメントノード( <!--comment() )を追加します。

2.定数コンポーネントを使用して、コメントコンテキストを与えます、 または ソースノードをコメントノードに接続します。

 

メモ:

単一のターゲットノードには1つのコメントのみを追加することができます。複数のコメントを作成するには、 入力関数の複製を使用します。

 

 

コメント/処理命令の削除:

対応するノードを右クリックして、コメント/処理命令を選択し、フライアウトメニューから 「削除」 コメント/処理命令を選択します。

(C) 2019 Altova GmbH