このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

» このレベルの上のトピックは存在しません «

Web サービスの呼び出し

スクロール ホーム トップ その他

Web サービスを実行の一部として呼び出すようにマッピングをデザインすることができます。具体的には、 Web サービスの呼び出しを関数に類似したマッピングに入力、入力と出力コンポーネントを接続し、必要とされる通り結果を使用することができます (例えば、MapForce 出力ウィンドウでプレビューし、他のコンポーネントにパス、またはファイルに書き込むことができます)。これは、視覚的なユーザーインターフェイスから簡単に構成することのでき、効果的に MapForce をパワフルな Web サービスクライアントします。MapForce を使用した Web サービスの呼び出しは MapForce 自信で、または異なるマシン、または MapForce Server を使用して他のプラットフォームで実行することができます。後者は、 API 呼出、または FlowForce Server ジョブとして、マッピングをコマンドラインインターフェイスで実行することができます。MapForce Server を使用して自動化するを参照してください。

 

MapForce は、 WSDL-スタイルと REST-スタイル Web サービスの両方の呼び出しをサポートします。このため、 Web サービスをマッピングに追加すると、次のアプローチを使用することができます:

 

WSDL-スタイル Web サービスのために、呼び出される Web サービスのWSDL (Web サービス 定義言語)  を MapForce に与えます。.wsdl ファイルが複数のサービス、エンドポイント、オペレーションを実装する場合、MapForce から直接複数のサービス、エンドポイント、オペレーションを選択や更新することができます。

非-WSDL Web サービスに関しては、Web サービスの詳細を MapForce に手動で入力します。これは、 URL、リクエストメソッド (例えば、 GET、POST、PUT)、リクエストとレスポンス 構造 (XML、JSON、または カスタム MIME 型などの)、 およびパラメーターなどを含みます。オプションで、  Web サービスの WADL (Web Application Definition Language) ファイルが呼び出される場合、 WADL ファイル。から定義をインポートすることができます。また、 Web サービスのサンプル URL がある場合、手動で定義する必要がなく、  MapForce に、 URL を解析し、自動的にクエリ、テンプレートまたはマトリックス パラメーターを抽出するように命令することができます。

 

次のテーブルには MapForce 内の REST-スタイルと WSDL-スタイル Web サービスのサポートに関する詳細がまとめられています。

 

機能

REST-スタイル

WSDL-スタイル

マッピング言語

BUILT-IN

BUILT-IN、C#、Java

MapForce Server を使用した自動化

はい

言語が "BUILT-IN" の場合、はい

プロトコル

HTTP (GET、POST、PUT、DELETE、カスタム動詞)

HTTP 越しの SOAP 1.1、1.2

HTTP 越しの非-SOAP サービス

リクエスト/レスポンス構造

XML

JSON

プロトコルバッファー

カスタム MIME 型

SOAP メッセージ

セキュリティ

HTTP/HTTPS

サーバー証明書

クライアント証明書

HTTP 認証

プリエンプティブ認証

OAuth 認証

HTTP/HTTPS

サーバー証明書

クライアント証明書*

HTTP 認証

プリエンプティブ認証*

WS-Security*

OAuth 認証

 

* C# と Java ではサポートされていません

サービス定義のインポート

任意で、 WADL ファイルから

WSDL ファイルから (必須)

URL からパラメーターをインポートする

はい

適用不可

動的な URL

はい

はい

タイムアウト

はい

はい

動的な認証

はい

はい

 

備考:

 

「動的な URL」はダイアログボックスに入力しマッピングと共に保存する代替として、マッピングから (または、マッピングへのパラメーターとして)  Web サービスの URL を提供できるようになることを意味します。

「タイムアウト」 とは MapForce 内で、 Web サーバーが応答しない場合、呼び出しのタイムアウトの間隔を構成することができます。

ダイアログボックス内に入力しマッピングと保存する代わりに、「動的な認証」とは認証の詳細 (ユーザー名、パスワード)  をマッピング (または、マッピングのパラメーター ) から提供することができることを意味します。詳細に関しては動的な認証を参照してください。

 

WSDL-スタイルの Web サービスの場合、次のプロトコルを使用することができます:

 

HTTP 越しの SOAP 1.1、 1.2

RPC/エンコードドキュメント/リテラル スタイルがサポートされています。Web サーバーが WSDLフォールトを返すと、マッピングの実行は停止されます。このような場合、エラーを処理するために任意でマッピングエリアに例外コンポーネントを挿入することができます。 Web サーバーが非-WSDL エラーを返す場合、 マッピングの実行は停止し、エラーメッセージが返されます (または、 MapForce 内でマッピングをプレビューする場合、スクリーン上に表示されます)。

HTTP 越しの 非-SOAP

一般的ではない非-SOAP HTTP サービスを指しています。HTTP GET を使用する場合、 url-エンコード スタイルがサポートされています。 HTTP POST を使用する場合、the url-エンコードtext/xml スタイルがサポートされています。

(C) 2019 Altova GmbH