Excel 2007+ コンポーネントについて

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データソースとターゲット > MS OOXML Excel 2007 以降のファイル
 >

Excel 2007+ コンポーネントについて

サンプルファイルを指定せずに、 Excel 2007+ ファイルをマッピングエリアに追加すると、 ( Microsoft Excel ファイルをマッピングコンポーネントとして追加するを参照)、 MapForce は、(下に表示される)3つのワークシートを含むデフォルトのコンポーネントを作成します。サンプルファイルを与えると、MapForce は、サンプルファイルを読み込み、必要とされるワークシートのみを作成します。

nofile_default_excel_component

デフォルトの Excel コンポーネント

MapForce  内の Excel 2007+ コンポーネントの構造は、MapForce では、それぞれのセルをマップできるツリー構造で表示されている点が異なりますが、 Excel ワークブック内のデータ構造を反映します。

 

Excel 2007+ コンポーネントを他のコンポーネント型に接続する前に、  MapForce に正確にどの行と列がマッピングで使用されるかを命令する必要があります。XML または JSON などの他の MapForce コンポーネントとは異なり、Excel 2007+ ファイルには、 MapForce がデータの構造を示すための明確なスキーマが存在しません。 代わりに、定義することのできる設定が MapForce により与えられます:

 

(ワークシート、範囲とテーブル、列、行など)どのデータが  (ワークブックから読み込んでいる場合)ワークブックから明確に選択されるかを定義。
MapForce が書き込む先のワークシート、列と行 (ワークブックに書き込む場合)を定義。

 

ワークブック内の複数の箇所から読み込無ため、同じマッピングオペレーション内の複数の場所に書き込むために、にコンポーネントを構成することもできます。

 

必要とするコンポーネント構成設定を直接コンポーネントに対して使用することができます。 以下のテーブルを使用して、使用を開始してください。

 

コンポーネントアイテム

アイコン

説明

ワークブック

disp_excel_workbook

Excel ワークブックを表します。

ワークシート

disp_excel_worksheet

Excel ワークシートを表します。最初のワークシートの横に表示されるAddRemove_Selections ボタン によりワークシートに関連した設定を指定することができます。

disp_excel_row

Excel 行の範囲を表します。ワークシート内に複数の行の範囲を追加することができます。これにより、同じマッピングオペレーション内のセルの複数の範囲から読み込む、または、範囲に書き込むことができます。

 

定義されたそれぞれの範囲のために、個別のデータ選択オプションを指定することができます。例: ソース Excel ファイル内のデータの量に従い、 1 つの範囲は行 1 から開始し、その行のすべての列を含む一方、他の範囲は、行 3 から開始し、動的な数の行から構成されることができます。

 

以下を参照してください:一目で全ての範囲の設定を確認することができます。コンポーネントは、以下に説明されるように視覚的なヒントを提供します。

 

n

n 行から開始する範囲を示します。

n

n 行から開始する1 行表示の範囲を示します。

行 前+n

前の範囲の後の、 n 行から開始する範囲を示します。

n(h)

n 行から開始する範囲を示します。最初の行はヘッダー行として開始されます。

n=n

n 行から構成される範囲を示します。

n=dyn

動的な範囲を示します。動的な範囲は無制限の数量の行を持つことができます。

 

各行の範囲の横に表示される AddRemove_Selections ボタンにより、その範囲のための高度なデータの選択を指定することができます。

セル

disp_excel_cell

特定の行の全てのセル (列) を示します。このアイテムは、コンポーネントが全てのれるのために単一のセルに構成されている場合表示されます (MapForce のデフォルトの振る舞いです)。

 

または、 以下に表示されるように、コンポーネントが各列を個別に表示するようにも構成できます。

 

ex-sepItem2

選択の変更

AddRemove_Selections

各ワークシート、または、行の横に表示される AddRemove_Selections ボタンにより、そのコンテキストで意味をなす設定を指定することができます。このボタンを使用して、 Excel コンポーネントの構造 を必要に応じて修正することができます。

 

例:Excel ファイル空データを読み取る場合、 MapForce がデータを読み取る ワークシート、行、列を指定することができます。Excel ファイルに書き込む場合、MapForce がデータを書き込む ワークシート、行、列を指定することができます。


(C) 2019 Altova GmbH