次元の順序を変更する

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データソースとターゲット > XBRL > XBRL ハイパーキューブとの作業 >

次元の順序を変更する

初期段階では、ネストされた子ノードというかたちでハイパーキューブにある全ての次元が表示され、階層構造が形成されます。ハイパーキューブ内部における次元の階層構造順序を変更することで、(非 XBRL の)マッピングに対応することができます。

 

更に、特定のコンセプトに対して次元の値をセットする必要がある場合、MapForce では階層構造無しに次元を表示し、コンテキストノードの子要素として表示することができます。

 

 

次元アイテムの順序を変更する:

1.ic-dim-icon をクリックして、ポップアップメニューから次元順の変更エントリーを選択します。

 

mf_xbrl_dimensions_01

 

この操作によりダイアログボックスが表示され、ハイパーキューブの次元位置を変更することができます。

ハイパーキューブには identifierperiod という、 2 つのデフォルト次元があり、ハイパーキューブ内部におけるこれら次元の位置も変更することができます。

2.ハイパーキューブ次元をクリックして、ドラッグアンドドロップによりその次元を移動します。次元をドロップすることができる位置にラインが表示されます。

 

mf_xbrl_dimensions_02

3.「OK」 をクリックすると、ダイアログが閉じられ、コンポーネント内の次元位置が変更されます。

 

 

階層構造から次元を除外する

次元を xbrli:context  ライン以下にドラッグすると、次元がコンテキストアイテムに挿入されます。

mf_xbrl_dimensions_03


(C) 2019 Altova GmbH