このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

デフォルトは、 XBRL コンポーネントの属性全てに対して明示的にマッピング接続することなく、に属性の値を割り当てることのできる強力な方法です。  例:   (以下のスクリーンショットに表示されるように)定数ユニット識別子をデフォルトの階層内の monetaryItemType アイテムの属性 unitRef に割り当てると、 入力が明示的に他の値にマップされている箇所を除いて、各金融 XBRL アイテムユニット識別子にデフォルトを割り当てます。 下のスクリーンショットも、フットノートの言語を定義する xml:lang 属性のためのデフォルトの値の使用を表示しています。

 

xb-def-lang

 

デフォルトでは、 "デフォルト" ノードは、新規の XBRL コンポーネント内で表示されています。しかしながら、 「デフォルト」 ノードを(XBRL ドキュメント全体のために) ルートレベルで、または XBRL コンポーネント.の全ての階層レベルで表示することもできます。 XBRL 構造内の異なったレベルで定義することができるため、異なるサブツリーは異なるデフォルトの値を持つことができます。

 

XBRL コンポーネントがプレゼンテーション/定義 リンクベースの代わりにテーブルリンクベースビューを使用する場合、テーブルリンクベースから、アスペクト値のデフォルトをマップすることができます。下のスクリーンショットでは、 xbrli:unit, xbrli:identifierxbrli:period 要素は、 XBRL テーブルにマッピングする際に使用することのできるデフォルトのアスペクト値です。

XBRLAspectValueDefaults

 

 

特定のアイテムのための"デフォルト"ノードを表示する:

1.デフォルトのユニットを表示するアイテムを右クリックし、 「XBRL | デフォルトの表示」を選択します (または、ノードのために使用できる場合は 「コンテキストメニューの表示」 ( ic-dim-icon ) ボタンクリックして、 デフォルトの表示」) をクリックします。

 

これは、複数のアイテムの型のためのデフォルトの値に接続することのできるデフォルトのアイテムを挿入します。

 

xb-defunit2

 

デフォルトの値を置き換える、または無効化する

デフォルトの値が一部のコンセプト属性、例えば、decimals のために定義されている場合、 関数 set-empty を使用してそれぞれのコンセプトのためにこの設定を削除することが可能です。 関数を参照してください。

 

デフォルトの値 「-6」 を金融アイテム 「Segment Reporting Information, Revenue」 のために無効化します。他のアイテムはのデフォルトの数値と共にレポートされますが、このアイテムは 「precision」 属性にマップされている 「2」 によりレポートされています。 「Segment Reporting Information, Operating Income Loss」は「-6」のデフォルトの数値を使用してレポートされますが、このアイテムは属性にマップされているの精度によりレポートされます。

mf_xbrl_override_defaults

この結果、マッピングの出力内では、これらのアイテムは下で示されているようになります:

 

<us-gaap:SegmentReportingInformationRevenue contextRef="ctx1" unitRef="USD" precision="2">23000988</us-gaap:SegmentReportingInformationRevenue>
<us-gaap:SegmentReportingInformationOperatingIncomeLoss contextRef="ctx1" unitRef="USD" decimals="-6">5605900</us-gaap:SegmentReportingInformationOperatingIncomeLoss>

 

コンテキストの扱い方

XBRL コンポーネント内の階層構造は、自動的なコンテキストの処理を許可します。XBRL 入力インスタンス内の xbrli:context の生成は、関連した概念をレポートする際、自動的に行われます。

 

XBRL インスタンス内の特定のコンテキストの属性 id の値は、 XBRL 概念内の属性 contextRef の値です。 MapForce は自動的に出力インスタンス内に作成された全てのコンテキストに番号を与えます。

 

"生成された ID "の下のノード "context id (prefix)"にテキストをプレフィックスとして割り当てることによりカスタマイズが可能になります。

 

例: 定数値 "context_" をデフォルトのプレフィックスとしてマッピングすると、 値 "context_1"、 "context_2"、 "context_3" などの値を持つ連番のコンテキスト ID を出力インスタンス内に作成します。

 

デフォルトの値が定義されていない場合、MapForce はプレフィックス "ctx_"を持つコンテキスト ID を作成します。

 

mf_xbrl_context

 

出力 XBRL インスタンスが フットノート を含む場合、関連した概念は、自動的に生成されたフットノートのリンクをリンクするために概念 ID を持つ必要があります。これらの属性は自動的に生成されます。アイテム "concept id (prefix)" は、このようなプレフィックスを決定するためにぱっぷされることができます。

 

XBRL コンポーネント内でプレフィックスがマップされない場合、MapForce は、プレフィックス "fact_" を持つ全てのコンセプト ID を作成します。

(C) 2019 Altova GmbH