このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

XBRL (Extensible Business Reporting Language) は、ビジネスの情報の交換を可能にするオープンな国際標準です。 XBRL は、政府、金融機関、ビジネス、で金融および規制の報告のために使用されます。XBRL は、グローバルな有利を目的としない XBRL インターナショナル (https://www.xbrl.org)という協会により管理されています。

 

企業または機関は (例えば、 XBRL 検証、  XBRL データの作成、 新規XBRL タクソノミの作成、XBRL データを他のフォーマットにエクスポートするなど)XBRL に関して異なるニーズを持っている可能性があります。多種の Altova 製品により XBRL に関連するタスクを達成することが可能になりました:

 

XMLSpy は、新規タクソノミを編集または作成し、 XSLT 変換ファイルをベースにした XBRL レポートを生成します (XSLT 変換ファイルは StyleVision により作成することができます)

StyleVision は、タクソノミ スタイルシート/テンプレートを作成し、XBRL レポートを生成します。

MapForce  は、XBRL インスタンスファイルからのデータをマップし、マッピング構造をデザインする際に XBRL タクソノミを使用することを可能にします。XBRL データを MapForce (Microsoft Excel 2007 と以降、データベース、または CSV ファイルなど) がサポートするフォーマットからマップ、またはフォーマットにマップすることができます。例えば、既存の XBRL インスタンス ドキュメントから特定のデータをフィルターすることができます。または、 XBRL インスタンスをデータベースから抽出されたデータから作成することができます。

RaptorXML+XBRL Server は、 XBRL インスタンスとタクソノミを検証するクロスプラットフォーム XBRL プロセッサー です。

Altovaの Excel のための仕掛品 (WIP) XBRL アドイン により、 XBRL 米国仕掛品 レポートを提出するビジネスは、 Microsoft Excel

を使用して XBRL レポートデータを確認し、準備することができるようになりました。

 

MapForce 内の XBRL インスタンスファイル からデータをマップ、またはインスタンスファイルにデータをマップするために、基となる XBRL タクソノミが必要になります。タクソノミは、機関から提供される、または XBRL データ が提出されるエンティティである (通常 .zip 形式の) ファイルアーカイブから構成されています。次に挙げられるタクソノミの例は、MapForce を使用したデータマッピングのために使用されています:

 

財務会計基準審議会 (http://www.fasb.org) により公開されている US-GAAP (一般に認められた会計原則)

IFRS (国際財務報告基準) (http://www.ifrs.org) により公開されている IFRS (国際財務報告基準)

欧州銀行監督局 (http://www.eba.europa.eu) により公開されている COREP / FINREP (共通報告と財務報告)  

 

適切なタクソノミプロバイダーからタクソノミを取得している限り、データマッピングを追加条件無しに作成することができます。しかしながら、デフォルトでは、 US-GAAP タクソノミの最も適切なバージョンが MapForce に含まれており、検証が最適化されます。他のタクソノミは、ローカルにインストールされている場合以外、ロードと検証に時間がかかります。追加タクソノミ(または、古いタクソノミバージョン)をローカルにインストールするには、 Altova コンポーネントダウンロードページでダウンロードすることのできる XBRL タクソノミインストーラー を使用してください (http://www.altova.com/download_components.html)。

 

MapForce は、次の XBRL に関連した標準をサポートします:

 

XBRL 2.1

XBRL Dimensions 1.0

XBRL Table Linkbase 1.0 (次を参照してください: XBRL テーブルと作業する)

XBRL Taxonomy Packages 1.0 (次を参照してください: XBRL タクソノミ パッケージ)

Transformation Registry 3 を含む インライン XBRL 1.0 と 1.1  (データの読み込みのみに関する情報は、インライン XBRL からデータを読み込むを参照してください)。

 

変換

このドキュメントは以下の仕様により定義されている XBRL 用語について言及されています:

 

 

このドキュメントでは、仕様列により示された仕様について参照しています。されたに、 § 文字は仕様内の特定のセクションの番号を表すために使用されています。例: XBRL Table Linkbase 1.0 仕様のセクション 5.4 への参照は、以下の通りです:

 

テーブル (Table Linkbase 仕様 1.0、 §5.1) は、 XBRL コンポーネント内の disp_xbrltable アイコン により示されています。

(C) 2019 Altova GmbH