Web サービス呼び出し設定

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  Web サービスの呼び出し >

Web サービス呼び出し設定

Web サービス呼び出し設定 ダイアログボックスから Web サービスに適用することのできる設定を変更することができます。このダイアログボックスを開くには、以下を行います:

 

マッピングの Web サービス コンポーネントをクリックし、 コンポーネント メニューから 「プロパティ」 をクリックします。
コンポーネントヘッダーをダブルクリックします。
コンポーネントヘッダーを右クリックして、「プロパティ」 をクリックします。

 

ダイアログボックスの上の サービス定義 オプションが WSDL  または 手動 に設定されているかにより使用することのできる設定のリストは異なります。次のイメージはジェネリックな HTTP Web サービスに適用することのできる設定を表しています:

dlg_ws_settings_rest

下のイメージは WSDL-スタイル Web サービスに適用することのできる設定を示しています:

dlg_ws_settings_wsdl

 

使用することのできる設定は以下で説明されるとおりです

 

サービスの定義

定義する設定が WSDL-スタイル Web サービスに適用される場合、 WSDL を選択し、それ以外の場合、 手動を選択します。

 

手動が選択されている場合、 Web サービスの設定をダイアログボックスに手動で入力する必要があります。オプションで、 Web サービスの WADL ファイルが存在する場合、 Web サービスの設定を WADL からインポート をクリックすることでインポートできます( WADL から Web サービス情報をインポートする) を参照。 また、 URL から Web サービスパラメーターを抽出する場合は、 URL からインポート ボタンをクリックします ( URL ファイルから Web サービスパラメーターをインポートするを参照)。

 

WSDL 設定

WSDL-スタイル Web サービスのみに適用することのできる設定のグループ

 

WSDL 定義

呼び出される Web サービスの  Web サービス定義言語 (WSDL) ファイルを指定します。

サービス

呼び出される Web サービスの名前を指定します。WSDL ファイルが複数の Web サービス複数の Web サービスを定義する場合、「選択」 をクリックして、必要な Web サービスを選択します。

エンドポイント

呼び出される Web サービスのエンドポイント (または ポート) を指定します。選択された Web サービスの名前が複数の Web サービスエンドポイントを定義する場合、 「選択」 をクリックして、必要な項目を選択してください。

オペレーション

呼び出される Web サービスのオペレーションを指定します。選択されたエンドポイントが複数の Web サービスオペレーションを定義する場合、 「選択」 をクリックして、必要な項目を選択してください。

 

リクエストメソッド

この設定はジェネリックな ( WSDL ではない) Web サービスのみに適用することのできる設定です。 これはサービス(例えば、 GET, POST, PUT など)により使用される HTTP メソッド (動詞) を定義します。

 

 

接続設定

URL は Web サービスのアドレス (URL) を指定します。タイムアウトは、サーバーからのレスポンスが内場合、 Web サービス の呼び出しがタイムアウトされる間隔を定義します。呼び出しが レスポンスを無制限の時間待つ場合は、 無限 を選択してください。

 

Web サービスの URL をマッピングから提供する場合、(マッピングにより提供される)動的な URL チェックボックスを選択します。 This これにより、マッピング上の Web サービスコンポーネント上に Web サービスの URL を適用する追加入力コネクタが作成されます。

 

パラメーター

ジェネリックな ( WSDL ではない) Web サービスのみに対してこのグループの設定を適用することができます。パラメーター テーブルは、 MapForce が Web サービスを呼び出すために使用する URL パラメーター を指定します ( Web サービスパラメーターの定義を参照)。

 

構造

この設定グループはジェネリックな ( WSDL ではない) Web サービスに適用することができます( Web サービスのレスポンスおよびリクエスト構造の定義を参照)。

 

HTTP セキュリティ設定

Web サービスが (HTTP または HTTPS) 認証 を必要とする場合、必要な認証設定を指定するために 「編集」 をクリックします (HTTP セキュリティの設定を参照してください )。

 

WS-Security 設定

Web サービスがカスタム SOAP セキュリティを使用する場合、 「編集」 をクリックして設定の詳細を指定してください (WS-Security の設定を参照してください )。

 

MFD ファイルに対して相対的な全てのファイルパスを保存する

このオプションが有効化されると、 MapForce は、コンポーネント設定ダイアログボックス内に表示される MapForce Design (.mfd) ファイルの場所に対する相対ファイルパスを保存します。 相対と絶対パスを使用も参照してください。


(C) 2019 Altova GmbH