このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

関数 > ユーザー定義関数

ユーザー定義関数の呼び出しとインポート

スクロール ホーム トップ その他

ユーザー定義関数の作成後、作成した同じマッピングから呼び出す、または他の MapForce マッピングから呼び出すことができます。 関数の作成に関する詳細は、ユーザー定義関数の作成を参照してください。

 

 

ユーザー定義関数を同じマッピングから呼び出す方法:

1.ライブラリウィンドウ内で関数を検索します。 関数の作成時に指定したライブラリの下に関数が表示されます。デフォルトの「ユーザー」 ライブラリを作成した場合、「ユーザー」ライブラリ内で関数を検索してください。名前別に関数を素早く検索するには、ライブラリウィンドウ内に名前を入力します。

mf_udf_15

2.ライブラリウィンドウ からメインマッピングに関数をドラッグします。 必要とされるすべてのパラメーターを接続することができます。関数の結果は出力パラメーター (または、適用可能な場合複数のパラメーター )により適用されます。

mf_udf_14

 

 

ユーザー定義関数を他のマッピングからインポートする方法:

1.ライブラリウィンドウの下の 「ライブラリに追加/削除」 ボタンをクリックします。

2.オプション ダイアログボックスで、「ライブラリ」 ページ内で、 「追加」 をクリックし、ユーザー定義関数を含む マッピングファイル (.mfd) を参照します。

3.「OK」 をクリックします。メインマッピングにドラッグすることのできる関数がライブラリウィンドウ内に表示されます。

 

デフォルトで、ライブラリウィンドウには、現在の現在の .mfd マッピングファイル内のビルトイン関数とユーザー定義関数が表示されます。他の .mfd ファイルをライブラリとして現在のマッピングに上記のようにインポートすると、インポートされたファイルからのユーザー定義関数が表示されます。更に、複数の *.mfd ファイルで または、カスタムライブラリで ( カスタム、 Java と .NET ライブラリのインポートを参照してください。)同じライブラリ名を使用した場合、使用することのできるソースはライブラリウィンドウ内で同じライブラリ名の下に表示されます。

 

インポートされた .mfd ファイルに資格情報が含まれる場合、これらは (黄色い背景色と共に) インポート済みと資格情報マネージャー内で表示されます。デフォルトでは、インポートされた資格情報はメインマッピングと共に保存されませんが、ローカルコピーをオプションで作成し、メインマッピング内に保存することもできます。UDF 内の資格情報も参照してください。

(C) 2019 Altova GmbH