このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

データ変換言語として次を選択することができます:

 

XSLT 1.0

XSLT 2.0

XQuery

C++

C#

Java

BUILT-IN (MapForce のデフォルトのネイティブ変換エンジン)

 

変換言語を選択するには、 以下を行います:

 

「出力」 メニューから変換に使用する言語をクリックします。

言語選択ツールバー内の言語名をクリックします。

tb_language-selection

マッピングの変換言語を変更する場合、MapForce 機能の一部はその言語のためにサポートされない場合があります。 BUILT-IN は他の言語と比較して、 MapForce 機能の多くをサポートします。 詳細に関しては、サポートメモを参照してください。

 

 

BUILT-IN 変換言語

マッピングの変換言語として BUILT-IN ic-builtin を選択すると、MapForce はネイティブの変換言語を使用してデータマッピングを実行します。 選択された変換言語が Java、 C#、 または C++ の場合、マッピングの出力をプレビューすると MapForce はこのオプションを明示的に使用します。

 

BUILT-IN エンジンは外部プロセッサーを必要とすることなくマッピングを実行し、これはメモリの使用が考慮される場合に良いオプションです。 特定の言語でプログラムコードを生成する必要がない場合、 サポートメモで説明される通り、他の言語と比較して MapForce の多数の機能をサポートするため BUILT-IN をデフォルトのオプションとして使用します。更に、 BUILT-IN を変換言語として選択すると、MapForce Server を使用した実行のためにマッピングを使用することができます。 更に、マッピングと MapForce の自動化を参照してください。

(C) 2019 Altova GmbH