このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

マッピングは対応する言語のためにデザインされていると仮定して、マッピングから XSLT 1.0 と 2.0 コードを生成することができます。変換言語の選択も参照してください。

XSLT コードを生成する:

1.メニュー 「ファイル | コードの生成 | XSLT 1.0 (または XSLT 2.0)」 を選択します。
2.生成された XSLT ファイルを保存するフォルダーを選択し、 「OK」をクリックします。 MapForce は、コードを生成し、メッセージウィンドウ内にオペレーションの結果を表示します。

 

生成された.xslt ファイルの名前には、 <A>MapTo<B>.xslt の書式を持ちます:

 

"<A>" はマッピング設定内の アプリケーション名 フィールド内の値です。

"<B>" は、ターゲットマッピングコンポーネントの名前です。この値を変更するには、ターゲットコンポーネントの設定を開き、 コンポーネント名 フィールドの値を変更してください (次を参照してください:コンポーネント設定の変更)。

 

生成されたコード内のライブラリパスも参照してください。

 

RaptorXML Server を使用して自動化する

XSLT コードの生成後、 .xslt ファイルを持つ同じディレクトリ内に DoTransform.bat という名前のバッチファイルが生成されます。RaptorXML Server を使用して DoTransform.bat を実行することができます。RaptorXML Server を使用した自動化も参照してください。

RaptorXML Server を使用して変換を行う:

1.RaptorXML をダウンロードページからダウンロードしインストールします(https://www.altova.com/ja/download
2.上の操作で指定した出力フォルダーに入りされている DoTransform.bat バッチファイルを起動します。

 

RaptorXML がインストールされた場所をオペレーティングシステムの path 環境変数に追加する必要がある場合があります。 RaptorXML ドキュメントを確認することができます (https://www.altova.com/ja/documentation)。

(C) 2020 Altova GmbH