このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

MapForce マッピングデザイン (または、略して 「マッピング」) は、データがどのように1つのフォーマットから他のフォーマットに変換さえるかの視覚的な表現です。マッピングは、データ変換を行うための MapForce マッピングエリア内で1つのスキーマから他のスキーマに追加するコンポーネントから構成されています。 (例: XML ドキュメントを1つのスキーマから他のスキーマに変換)。有効なマッピングは、1つまたは複数のターゲットコンポーネントに接続されている、1つまたは複数の複数のソースコンポーネントから構成されています。マッピングを実行して、結果を直接 MapForce 内で確認することができます。コードを生成し、外部で実行することも可能です。 MapForce 実行可能ファイルにマッピングをコンパイルし、 MapForce Server または FlowForce Server を使用してマッピングの実行を自動化することもできます。 MapForce は、マッピングを .mfd の拡張子を持つファイルとして保存します。

 

 

新規マッピングの作成方法:

1.以下を行います:

o「ファイル」 メニューから「新規作成」をクリックします。

o「新規作成」 ( ic_new ) ツールバーボタンをクリックします。

2.「マッピング」 をクリックして、「OK」 をクリックします。

dlg_new_mapping

 

マッピングが作成されました、しかしながら、 空のため何も起こりません。 最低でも妥当なマッピングは2つの接続された コンポーネント を必要とします。ですから、次のステップではマッピングにコンポーネントを追加し ( マッピングにコンポーネントを追加する を参照) 2つのコンポーネントの間に接続を描きます( 接続との作業を参照)。

(C) 2019 Altova GmbH