このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

マッピング設定ダイアログボックスから現在アクティブなマッピングデザインファイルのドキュメント特有の設定を変更することができます。この情報は *.mfd ファイルに保管されます。

 

マッピング設定ダイアログボックスの開きかた:

「ファイル」 メニューから 「マッピング設定」 をクリックします。

mapping-settings-ent

マッピング設定ダイアログボックス

使用することのできる設定は、以下のとおりです.

 

アプリケーション名

生成される変換ファイルにて使用される XSLT 1.0/2.0 ファイル名プレフィックス、 または Java、 C# または C++ アプリケーション名 が定義されます。

ベースパッケージ名

Java 出力のためのベースパッケージ名を定義します。

生成されたコード内でパスを絶対パスにする

生成されたコード内 または、MapForce Server Execution ファイル (mfx) 内で でファイルパスが相対または絶対パスであるかを定義します。詳細に関しては、生成されたコード内のパスについてを参照してください。

Windows パスがファイルパスの規則であることを確認

ローカルのファイルシステム上のファイルパス出力... チェックボックスにより、Windows のパス規則が使用されます。XSLT2 (または XQuery)により出力が行われる場合、現在処理されているファイル名は、document-uri 関数により取得され、内部的にはローカルファイルに対して file:// というパス形式の URI が使用されます。

 

このチェックボックスにチェックが入れられている場合、file:// 形式の URI パスが Windows ファイルパス(例: "C:\...") へ自動的に変換され、それ以降の処理を単純化することができます。

行末

このコンボ ボックスにより、出力ファイルの行末を指定することができます。「プラットフォーム デフォルト」 によりターゲットのオペレーティング システムで使われているデフォルトの設定 (Windows には (CR+LF)、macOS には (LF)、Linux には (LF)) が使用されます。行末は手動でも選択することができます。ここで選択された設定は、異なるオペレーティング システムで動作している FlowForce Server へマッピングをデプロイする際に大きな意味を持つことになります。

XML スキーマバージョン

マッピングファイルで使用された XML スキーマバージョンを定義することができます。バージョン 1.0 または 1.1に準拠するスキーマをロードするかを定義します。すべてのバージョン 1.1 特有の機能は現在サポートされています。

 

xs:schema vc:minVersion="1.1" 宣言が存在する場合、バージョン 1.1 が使用されます。それ以外の場合は、 1.0 が使用されます。

 

XMLSchemaVersionOn

 

XSD ドキュメントが vc:minVersion 属性 または 1.0 または 1.1 以外の vc:minVersion 属性の値を持たない場合、 XSD 1.0 がデフォルトのモードです。

 

メモ:vc:minVersion 属性 と xsd:version 属性を混同しないでください。前者は、 XSD バージョン番号を示し、後者はドキュメントバージョン番号を示します。

 

既存のマッピング内のこの設定を変更することは、選択されたスキーマバージョンの全ての XML スキーマを再ロードすることを意味し、 妥当性を変更する可能性があります。

Web サービスオペレーション設定

マッピングドキュメントが Web サービス実装の一部である場合、WSDL 定義、サービス、ポート、オペレーションフィールドが自動的に入力されます。

(C) 2019 Altova GmbH